『とりがいるよ』ギフトセット 『とりがいるよ』ギフトセット
作: 風木 一人 絵: たかしま てつを  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
ママたちの声から生まれたコミュニケーション絵本。

やもじろうとはりきち自信を持っておすすめしたい みんなの声

やもじろうとはりきち 作:降矢 なな
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2017年10月10日
ISBN:9784333027668
評価スコア 4.62
評価ランキング 3,097
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • ほんもののともだち

    降矢ななさんのともだちやシリーズも大好きだけど、このやもじろうとはりきちもとってもいいなあ。
    健気なはりきちが可愛くて切なくて…。はりきちの優しさにキュンとなります。
    誰にもあるよねこんなこと。時には距離のとり方が難しくなってしまうことが、ともだちでも家族でもあるんだよね。でも、心のどこかでずっと気になってしまうのが本当のともだちや家族なんだよね。
    やもじろうもはりきちの優しさを再確認して、2人は一生のともだちになっていくんだろうな。
    時にはぶつかったり、鬱陶しかったりするけれど、それぞれの良さを認め受け入れて、揺るぎない友情が育っていくんだと思います。子どもたちも、ともだちの良いところ探しをしながら、素敵な友情を育んでいってほしいな。そして、はりきちみたいに、ともだちが困っていたら助けられるような優しさを持ち続けてほしいな。そんなことを願いながら、多くの子どもたちと一緒に楽しんで読んでいきたい絵本です。

    投稿日:2018/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • やもじろうはまさに今の息子です。

    小3の息子が、やもじろうと重なりました。
    幼少期から仲良しで、しょっちゅう遊んでいた一つ年下の子と、
    最近疎遠になったのです。
    ちょっと太ってて、足が遅い。まさにはりきち。
    違う子と遊び始めた息子に、
    無理やりその子と遊ぶように言うのもためらわれる。
    やもじろうとはりきちのように、
    自然に相手のいいところ見つけられたらどんなにいいだろうと思う。

    かわいらしい絵本だから、
    幼少期の子も楽しめるけど、
    小学生以上だと、身に覚えのある子は結構いそう。
    自分のこととして考えたり、共感したりしながら読めるお話だと思います。
    息子には、いつのタイミングで読ませるのがよいか、
    ちょっと考えています。
    今読ませて、はい反省、っていうのは違う。
    でも、どこかで必ず読ませたいと思う。
    微妙なタイミングなのもので、
    中途半端な感想になってしまいましたが…。

    投稿日:2018/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何度も読みたくなる絵本!

    • あやママさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、女の子2歳

    ネーミングがかわいく、色とりどりの鮮やかな絵で降谷さんが描くともだちシリーズも親子で大好き。
    2歳も5歳も暗記してしまうほどのわかりやすい文章です。最初のページのお母さん同士が話している絵がママ友とぺちゃくちゃ話してる様子が伝わり、私もつい遊び心でママ役のアドリブを入れて読んでしまいます。やもじろうの友達が「もうはりきちなんかつれてくるな」では5歳の娘が「かわいそう…」とポツリ、やもじろうからのひどい言葉にも感情移入したり、突き飛ばしてだいじょうぶ?と聞くホントは優しいやもじろう、いじわるされても笑っているはりきち、大人の世界にも子供の世界にも存在する人間模様をわかりやすく描いていて、読者の共感を呼ぶ作品です。最後のとげが痛くておんぶできないユーモアに笑顔になれて、また読みたくなる絵本です。

    投稿日:2018/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ともだちとぎくしゃくしはじめる年ごろに

    • うつぼっちさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子15歳、男の子12歳、男の子8歳

    友だちとのトラブルが多くなった
    ギャングエイジといわれる小3の
    読み聞かせで使いました。

    読み終えた裏表紙には、サッカーをする
    やもじろうとはりきちの絵。
    「また一緒にサッカーしてるね」と
    子どもたちもほっとしたようでした。

    けんかして仲直りして
    人はそうやって仲間を
    つくっていくんだよ。

    投稿日:2018/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいとこさがそう

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子9歳、男の子6歳

    嫌いになったわけじゃないんだけど、一緒にいたくない。こういうことってよくある気がします。そういう気持ちが芽生え始めると、相手の短所ばかりが目についてしまい、ますます相手のことを避けたくなってしまいます。
    やもじろうも、はりきちにたいしてそういう気持ちを持っているようです。それなのにはりきちはやっぱりやもじろうが大好きで。
    どこまでも友達思いなはりきちが、やもじろうから冷たくされる様子を見るのは悲しいものでした。2匹がハプニングを乗り越えてまた元通りの仲の良い関係に戻れてほっとしました。マイペースに見えて、いざというときにとっても勇敢なはりきち、かっこいいです。
    どんな人にだって、悪いところもあれば良いところもきっとあります。ある一面だけを見て嫌いと思うのではなく、良いところにも目を向けてみることって、いろんな人と付き合っていくうえでとても大切なことだと思います。そういうことを子どもたちにもやさしく教えてくれる素敵な絵本でした。

    投稿日:2018/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • それでも親友

    「やもじろうとはりきち」の絵本を読んで、二人の友情関係のことをよく考えていました。やもじろうは周りを気にする慎重な子で、はりきちはやもじろうが大好きなマイペースな子ですね。やもじろうとはりきちはこのようにタイプはちがうけれど、それでも困ったときに助け合える親友になれるって、光を持たせてくれた絵本でした。

    投稿日:2018/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつの時代にでも有りそうな事だから。

    友達ってなんなのか。
    友情ってなんなのか。
    思いやる気持ちってなんなのか。
    色々と考えさせられる1冊でした。

    でも、別に無理やりこうしろとか、こうした方がいいとかを押し付けているのではなくて、絵本を通して子供たちに本当に大切な物はなんなのか、友達はみんな同じじゃないといけないのか、等を色々とそっと考えさせてくれる絵本だと思いました。

    みんな何かが得意で何かが不得意なはずです。全てが完璧な人はぜったいにいないはずです。みんなと違うから、何もできないからとのけものにするのは間違っていると思います。

    この絵本を通じて、多くの子供たちに大切な何かを学んでもらえたら良いな、と思いました。

    私はこの本を8歳の子供に読みました。子供にも出来ないことがいっぱいで、こういったシチュエーションも色々と学校等で経験している気がします。でも、わかってくれる友達はきっといる、そう思って前向きに頑張ってもらえるきっかけになったら良いな、そう思いました。

    とても素敵な絵本なのでお勧めです。

    投稿日:2018/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人にも

    • グルーヴィーさん
    • 40代
    • その他の方
    • 東京都
    • 男の子13歳、女の子10歳

    みんなより、遅かったり、できなかったりする子は、どこにでもいる。
    みんなと違ういいところがある。みんなと一緒じゃなくていい。
    友達は大切にしよう。わかってくれる友達は必ずいる。
    そして、勇気と諦めないことが大事。
    こんなことを伝えてくれる絵本。
    人によって取り方は違うだろうけれど。

    子供には、それぞれの立場になって考えてもらうのに
    いい本だと思う。

    私は、はりきちに感情移入して泣いた。

    投稿日:2018/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひたむきな姿が、じんとくる。

    • サニーふうさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、女の子4歳

    読み進めるうちに、「はりきちがんばれっ」て、子どもが応援していました。わたしも一緒になって応援しました。
    友達思いなはりきちのやもじろうを慕う、純粋な気持ちがひしと伝わってきて、胸がじーんと熱くなります。
    友達と過ごす中で、喧嘩することや相手のことをうっとうしく思うことがあるかもしれません。それでも、だれでもみんな自分にはない魅力的なチャームポイントを持っており、それがときに他人を助けることにつながる、友達っていいなって、思えることができたら最高です。
    はりきちとやもじろうの絵がかわいらしく、猫の絵はリアルで、惹きつけられること間違いなし。ぜひ今を生きる子どもたちに読んでほしいです。

    投稿日:2018/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんな人たちと出会っていく子たちに

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    降矢 ななさんの絵が大好きで、
    この本も楽しみに読みました。

    猫の場面では子どもたちはびくっと身体をこわばらせ、
    最後の場面ではケラケラ笑い、
    3歳と6歳の息子たちもこの本を楽しんでいます。

    よくないって分かっているんだけれど、
    こんなことを子どもでも大人でもしてしまうんですよね。
    自分とちょっと違う、ほかのひととちょっと違うってだけで、
    離れてしまったり、いじめてしまったり。

    でも、はりきちはどんなに言われても
    けなげに話しかけたり近寄ってきます(せつない)。

    これからどんどんいろんな人たちと出会っていく子たちに
    助け合っているんだよ、
    いろんな人がいるから楽しんだよと、
    教訓的に言ったら聞かないけど、こんな本で伝え、
    自分の中で実感していってもらいたいなと思いました。

    投稿日:2018/10/30

    参考になりました
    感謝
    0

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / いないいないばあ / バムとケロのそらのたび / がたん ごとん がたん ごとん / ちいさなあなたへ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『鹿踊りのはじまり』(「宮沢賢治の絵本」シリーズ)ミロコマチコさんインタビュー

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット