あきぞらさんぽ あきぞらさんぽ
作: えがしら みちこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いろんな秋に、会いに行こう!

やもじろうとはりきち自信を持っておすすめしたい みんなの声

やもじろうとはりきち 作:降矢 なな
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2017年10月10日
ISBN:9784333027668
評価スコア 4.59
評価ランキング 4,073
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 読んでいる途中、胸がチクチクと痛みました。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子6歳、男の子4歳、女の子1歳

    それは読んであげていた子供達も同じ気持ちだったようで、ハラハラしていた様子でした。しかし最後は強い友情で結ばれた二人の絆に拍手拍手で、よかったね、よかったね、と言い合いながら読み終えました。こんな友達がいると生涯心強いですよね。

    投稿日:2018/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ともだちっていいね

    やもじろうとはりきちってなんだかヤボったい題名だなとスルーしようとしていたところ、子供はいくつかある絵本からこの絵本を選びました。
    そしたら、あの降矢ななさんのかわいいイラストが!!ちょうど『おれたちともだち』シリーズを読破している最中だったのでタイムリーでした。
    「ヤマネさんみたい」ってはりきちを指さしていました。
    のろまで木登りもできないはりきちですが、ともだちのやもじろうが猫に襲われてピンチなところを助けます。自分の体の特性を生かして、というところも生物の勉強に少しはなったかな?
    ほんわかした読後感が降矢ななさんらしくてよかったです。

    投稿日:2018/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友情物語

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、男の子2歳

    ヤモリとハリネズミの友情物語です。
    二人は小さいころからの友達でしたが、成長につれて、ヤモリのやもじろうはハリネズミのはりきちと合わないと感じてきてしまいます。実際でもそういうことってありますよね。嫌いじゃないけど、もう昔とは違う・・・みたいな。読んでいて胸がきゅんとなりました。はりきちのやさしさのおかげで、またやもじろうと仲良くなれてよかったです。

    投稿日:2018/02/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • それぞれの良さに気づける

    表紙を見るだけでは、可愛い絵本だなという印象。
    でもストーリーはたくさんのことを考えさせてくれる可愛いだけではない素敵な絵本でした。

    やもじろうとはりきちは見た目も違うし、特技も性格も違う。
    走るのも木登りも出来ないはりきと友達を辞めると断言するやもじろう。

    はりとばして転がっても・・大丈夫だよと笑っているやさしいはりきち。

    きっと、やもじろうもわかっているんです。はりきちがかけがえのない友達であることを。

    でも、やもじろうが猫に狙われそうになってしまう時に助けてくれる優しいやさしいはりきち。
    はりきちはとげとげしている背中を持っているけど・・本当に心が優しい。

    人間も同じ。見た目で判断してはいけませんね。
    人のいいところに気づける絵本だと思います。
    みんな違って当たり前。それぞれにそれぞれの良さがあるんだもの。

    きっとやもじろうとはりきちはこれからもずっと良い友達でいられるでしょうね。

    投稿日:2018/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友達とのあり方を考える

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子16歳、男の子13歳

    いつもはどんくさいはり吉と、やもじろうの友情のお話です。
    はり吉は何をやってもパッとしないから、なんとなく友達としてイライラする。他のお友達の手前、本当はそんなに嫌いなわけではないのに嫌な態度をとってしまうのです。
    だけど、はりきちには強い針がある。あるとき本当にピンチの時に救ってくれるのです。

    本当は弱いと思ってた人が強かったり、本当の友達ってどういうものなのか、人の良さは色いろであるのだとか、このお話から人間関係のきっかけをつかめることがたくさんあります。
    次男も低学年のころには、タイプの違うお友達の間に挟まれてかなり苦労したことがあり、そんなとき読ませたかったなーと今更ながらに思います。
    子供が自分がどうあるべきかと考えるきっかけになりますよね。

    降矢さんの絵がかわいく、お話も押しつけがましい感がなく、友達を考えるのに小学校低学年の子が読むのにいいと思いました。

    投稿日:2018/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3年生の読み聞かせに使いました。

    赤ちゃんの頃から大の仲良しだったやもじろうとはりきち。
    だけど、やもじろうは、かけっこも遅く、木登りもできないはりきちと遊ぶのがつまらなくなってくる。ある日、やもじろうは、「はりきちなんか大っ嫌い」と言ってしまう。
    そんな時、大事件が起きて…。

    最後、はりきちがやもじろうをおんぶしようとする場面では、3年生の子どもたちは、あっダメダメ、と、はりきちのトゲが刺さっちゃうのを心配して声をあげ、やもじろうがあいたたたたっと言うと爆笑。

    集団生活の中では、子どもだって大人だって、人間関係は悩みの種ですよね。
    自分とは違う個性を認めあうこと、思いやりと優しさの大切さを教えてくれる素敵な絵本です。おすすめです。

    投稿日:2018/01/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 熱い友情へ

    降矢 ななさんの絵本を発見して嬉しくなり
    興味津々で読ませていただきました。
    赤ちゃんの時からのお友だちの二人の男の子。
    二人の成長してゆくシーンが、可愛らしく描いてあって
    ぬいぐるみさんとかもいろいろあって楽しいですね。
    仲たがいのシーンでは、やもじろうのイライラする気持ちも
    わからないではないけれど、はりきちくんが、とてもかわいそうです。
    そして、おそろしい経験をして
    お互いの本当の気持ちを分かり合えるようになりました。
    よかったですね。
    やもりさんとはりねずみさんという設定がすごく好きです。

    投稿日:2018/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友達思いの はりきちの優しさ

    一人一人 違ったいいところがあって 友達は大事な存在です
    ある時 赤ちゃんの時からの 友達だったはりきちの欠点が見えて いやになった やもじろう
    避けるようになります

    それでも はりきちは やもじろうが大好きで あるとき ねこに襲われそうだったのを助けるのです    強烈なはりでね

    やもじろうは この時やっと 大事な友達のことを知るのです

    裏切ることのない 真の友達 そんな関係がいつまでも続きますように!

    良いお話しです   (こんなことよくあるんですよね )

    投稿日:2018/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • やもじろうにくっつくはりきち

    全頁試し読みで読みました。ヤモリのやもじろうと、ハリネズミのはりきちは、あかちゃんのときからの大の仲良しなのでいつも一緒に遊んでいたのだけれど、やもじろうが、はりきちと遊んでいるのに物足りなさを感じてしまいます。「ある ある」ってそんな経験ってあるなあって思いました。はりきちは、やもじろうから、うっとおしいと思われてもやもじろうにくっついてて、健気な姿がよかったし、やもじろうをねこから助けてあげるのも友達っていいなあと思いました。

    投稿日:2018/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友だちってなんだ

    友だちでも、できることもあればできないことだってあります。
    同じことができないから仲間外れにしてしまうか、嫌いになるか、それでは本当の友だちってできないんじゃないかな。
    お互いを思いやること、認め合うこと、やもじろうはそれを学びました。
    心の広いはりきちの素晴らしさを感じました。

    投稿日:2018/01/13

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本
  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


翻訳者 中井はるのさん、編集者 三輪ほう子さん インタビュー!

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット