たなばたウキウキねがいごとの日! たなばたウキウキねがいごとの日! たなばたウキウキねがいごとの日!の試し読みができます!
作: ますだ ゆうこ 絵: たちもと みちこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ストーリーを楽しみながら、たなばたの知識が学べます!
ピーホーさん 30代・ママ

ストーリーもキャラクターもとっても可愛…
たぬきのポコくんとキツネのキコちゃんが…

ぬけすずめ」 ママの声

ぬけすずめ 文:桃月庵白酒
絵:nakaban(ナカバン)
編:ばば けんいち
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2016年05月
ISBN:9784251095060
評価スコア 3.2
評価ランキング 46,682
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 落語だけれど

    落語としてきちんとした作品であるようですが、このお話を読んでいる限りでは、絵を一緒に見ていないと、話の展開やオチが分かりにくいように感じました。
    籠の話もどこか唐突な感じがします。
    お話がどこかぬけ落ちているのでしょうか・・・

    雀の絵は綺麗だと思いますが、全体的な挿絵としては、今ひとつのような気がします。

    投稿日:2020/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 有名な落語の小噺の一つ

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子22歳、女の子17歳

    馬場憲一さんの「らくご絵本」シリーズの6作目です。
    このシリーズは新作と古典の両方を描いています。

    絵本という媒体での表現だったので、自分が耳で聞いた「ぬけすずめ」のイメージとは違っていました。
    全体がPOPのような感じで、色彩がはっきりしていてインパクトはありました。
    「ついたて」に描かれたすずめのシーンのみ、噺のとおり墨で描かれたような絵でした。

    nakabannsanさんの絵ははっきりしていて見やすいですが、こういった古典系の噺に合わせるには、個人的には不向きのような気がしました。
    この相容れない感を狙って、あえてコラボされたのでしょうか。

    投稿日:2017/08/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な世界

    落語絵本です。現代は「抜け雀」

    絶妙な言葉遊びが楽しい一冊です。

    東海道を「かご」で行く時代設定ですが
    絵の雰囲気により、不思議感満載です。
    一時代昔のゲームの画面のような荒いドット調で
    なんだかお話がとてーも軽い感じです。
    かるーい言葉遊び要素があるので
    むしろこの雰囲気がいいのかもしれませんが・・。

    ドット調の中
    肝になる屏風絵が墨絵調なのが
    いい塩梅です。

    投稿日:2017/06/12

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット