新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ

ひげじまん」 みんなの声

ひげじまん 作:こしだ ミカ
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2017年10月02日
ISBN:9784097267447
評価スコア 4.14
評価ランキング 22,943
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • わらえますね

    題名からして人間が主人公と思ってました。

    ナマズが主人公の絵本はあんまりないね。
    でもこのナマズは やっぱりすごいですね。

    確かにナマズのひげは太いし、長いですね。
    そのひげと 比べるのは エビややぎなど
    ひげ自慢の大物ですね。

    さて 最後はどうなったのかは 読んでみてください。
    おどろきに 結果だよ。

    投稿日:2019/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迫力ある

    絵が迫力がありとても豪快です。表紙からインパクト抜群。
    物語も楽しい。なんども吹っ飛ばされるナマズさんがおかしくて子供にも好評です。
    なかなか失礼だけど、自分大好きなナマズのキャラクターも個人的には好きです。

    投稿日:2018/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • こりないな

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳

    ひげじまんのおおなまず。
    自分が世界一のひげだと自信満々!
    ほかのひげじまんたちにケチをつけてはくりかえしふっ飛ばされていますがこりませんね。
    その姿勢は好きです(笑)。
    こどもはおおおなまずがふっ飛ばされるシーンで笑っていました。

    投稿日:2018/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 海老のハサミ

    おおなまずが、ひげ自慢の旅に出かけるストーリー。
    ひげを持つ生き物って、そんなにいたっけ?と思いましたが、
    なるほど、それなりにいますね。
    おおなまずが、ひげをプロペラ代わりに飛ぶ姿に唖然です。
    もちろん、相手を怒らせてしまいますね。
    その横柄なやりとりが関西弁だけに、迫力満点です。
    最後には、これまた奇想天外なオチですが、
    絵になるから不思議です。
    海老にハサミがあって違和感があったのですが、
    調べたら、オマール海老なるロブスターにはありましたね。
    名アシストの海老に拍手です。
    繰り返しが楽しいので、幼稚園児くらいから楽しめそうです。

    投稿日:2018/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんともパワフルな絵本です。
    髭が自慢ななまずさんが、髭をプロペラにして空を飛ぶという発想から、温泉を掘りあてるというトンデモ話まで、奇想天外な展開に圧倒されまくりの絵本です。
    度肝を抜くような表紙の絵から最後のページまで、こしだミカさんの縦横無尽な絵にも、あっけにとられてしまいました。
    おまけになまずさんの鼻唄が良いですね。
    読み聞かせが楽しみです。

    投稿日:2018/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読書画コンクールに出品しようとして
    選んだ本です。
    どの場面も豪快です。
    懲りないおおなまずがいいですね。
    ただではおきないラストがとてもいいです。


    この豪快をどう表現するか難しそうですが、
    トライしてみようと思いました。
    なまずのひげがヘリコプターのようにまわったり
    ドリルになったり奇想天外な自慢屋さん。
    楽しい絵本です。

    投稿日:2017/12/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • なまずのりっぱなひげ 自慢したくて
    世界一のひげ自慢を探して 旅に出た  おおなまず
    ヤギと対決して ヤギに蹴られてとばされた おおなまず
    なんともゆかいで  しれでも懲りずに  今度はひげのおじさん

    エビのはさみでおおなまずのじまんのひげをちょん切られた
    おおなまずは とぶことができなくなり 地面の地下深く潜っていった
    なんと 温泉を掘り当てるとは  大当たりです
    なまずの湯  温泉を開くという めでたいというか おかしなお話でした

    ひげじまんはどこえやら???

    投稿日:2017/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ラストこれ!?

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子6歳、女の子4歳

    すんごいひげを持つなまず。プロペラみたいに回して飛んじゃうくらいだから、最初っからびっくり引きつけられました。
    やぎ、おじさん、えび、たくさんのひげ自慢たちと勝負して、最後はちょきんとカットされ‥
    おぉ‥とびっくりな結末に、こういう最後もありなんだ。。とふしぎな気持ちになりました。

    投稿日:2017/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 豪快な絵が気持ちよい

    豪快な絵です。
    お試し読みで、目についたので読んでみました。
    いばりんぼうで、口の達者なおおなまずが、
    自慢のひげを自慢するために出かけて行ったようです。
    口が災いして、けられたり飛ばされたりと 散々な目に合いますが
    最後は、丸く温かくおさまったようで一件落着。
    ひげはなくなったようですが、あまり気にしてないみたいですね。

    投稿日:2017/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迫力あるイラストが魅力

    絵本の中ではあえて自分では選ばないような種類の本でした。
    でも個人的にストーリーよりもイラストが好きです。

    大迫力のある太い筆で書かれたなまずなどの登場人物のイラストとは裏腹に、バックに書かれている草や町などの描写はとても繊細で細かな描写でまるで色鉛筆で色を塗ったかのよう。そのコントラストがとてもめりはりがあって素敵!

    でいろんな髭自慢に出会って対決していくという単純なストーリーではある物の、言葉も独特の表現だからなのかストーリーが一回で何となく入ってきませんでした。

    年齢的には少し難しいかなとも思うので年長以上くらいではないでしょうか。

    投稿日:2017/11/13

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / よるくま / いいこってどんなこ?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



4月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.14)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット