まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

文様えほん自信を持っておすすめしたい みんなの声

文様えほん 作・絵:谷山彩子
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2017年09月
ISBN:9784751528280
評価スコア 4.56
評価ランキング 5,478
みんなの声 総数 8
「文様えほん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 日本の心

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、男の子3歳

    たくさんの文様が紹介されています。これも文様なんだというものもありました。改めて見てみると、とても奥深くておもしろいです。子どもたちには日本の素敵なものにいっぱい触れてほしいので、こう言う本が家にあればいいなと思いました。
    Eテレで紋に興味を示していた娘に借りてみましたが、あまり興味を示しませんでした。

    投稿日:2018/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 様々な文様

    子供はあまり関心がなく読まなかったけれど、私は割と好きで、楽しく読みました。
    こんなシンプルな柄(というか文様)にもちゃんと名前があって、それらが紹介されているのが面白いですね。時代の変化と文様とか、世界の文様とか、時代やお国柄が反映されていて楽しいです。現代ではすっかり文様が日常に溶け込んでいて、普段から気づかないうちに沢山の文様に触れているんだと改めて感じました。

    投稿日:2018/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気をつけて見れば色々なところに

    今も色々なところに使われている、たくさんの文様の
    形と成り立ちが学べてとても面白いです。
    中でもスミレ、オオバコ、カタバミ、ナズナなどの野草から
    生れたものは、とても可愛らしいですね。
    守りとなった生き物の紋や、星座など自然のものなど
    本当に種類が多いです。
    世界中で発達した暮らしの中の絵が地図になっており
    どんなものになって発達したかなど、大変興味深いです。

    投稿日:2018/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 奥が深い文様

    ブックトークで、獅子舞のお題をいただき、胴体の毛卍紋なども調べていたところでしたので、
    実にタイムリーでありがたかったです。
    女の子がおばあちゃんの家で見つけた模様から、文様について学ぶストーリー。
    歴史、植物・動物・自然といった分野別、季節別、そして、日常生活の中にある文様の数々。
    なんて奥の深い世界なんでしょうか。
    こんな視点に気づけば、ほら、あちこちで文様ワールドを楽しむことができますね。
    大人も十分楽しめるクオリティ。
    小学生中学年くらいから、じっくりと読んでほしいです。

    投稿日:2018/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 文様のルーツを知るのもいい

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子16歳、男の子13歳

    日本には四季があり、草木や花もバラエティー豊かだったからこのような文様文化が発達したのかなーと、しみじみとながめてしまいまいた。

    花の形だけでなく動物もデフォルメされている。そのアートな感覚は現代でも通用します。
    私は日本美術好きなのでこういう本は大好きです。子供たちは男の子であまり興味がないかもしれないけど、子供たちにも伝えていきたいなと思いました。

    投稿日:2018/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔から いろいろな 文様が伝えられ 描かれていました

    植物 動物 自然   春 夏 秋 冬の文様も見事に集められています
    世界の地図を 文様で国柄を表現したら こんな文様になると言うのもありました  ロシアの華やかさ 日本の矢絣の文様 ちょっと以外なのもありましたが・・・・・

    歴史を感じる 文様や  線の文様   芸術作品に用いられている いろんな文様は すごくおもしろくて 図鑑のようでもあります

    世界中から伝えられ   文様が変わっていくのもおもしろいです
    模様 文様 紋様の違いも 良く分かりました

    いろいろ 楽しませていただきましたよ
    是非 お手にとって ごらんあれ! 

    投稿日:2017/12/27

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



SNS犯罪から子どもを守るために。友達思いなにわとりのお話

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 2
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 6

全ページためしよみ
年齢別絵本セット