1945年のクリスマス ながさきアンジェラスのかね」 ママの声

1945年のクリスマス ながさきアンジェラスのかね 文:中井 俊已
絵:おむら まりこ
出版社:ドン・ボスコ社
税込価格:\1,100
発行日:2017年09月01日
ISBN:9784886266224
評価スコア 4.5
評価ランキング 8,099
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 永井隆医師の実話

    長崎の原爆で被爆した永井隆医師の実話エピソードのようです。
    娘のかやのの視点が盛り込まれ、戦争の現実が伝わってきます。
    焼け野原に響いた、アンジェラスの鐘の音色。
    平和でありますように。
    長崎の人々の祈りそのもののような気がしました。
    クリスマスだからこそ、この深い祈りを感じたいと思いました。
    小学生くらいからでしょうか。

    投稿日:2018/12/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵本から教えよう!

    子供たちはもちろんのこと,親の世代もそして祖父母の世代もが戦争をしらない世代になってきた近年の日本。
    我が家も実際には,戦争を語れる身内はいない状態です。
    そのくらい月日は流れ平和な世の中が続いるということでしょうけれど,人間は歴史を繰り返してしまうということも。
    戦争経験を語ってくれる方達がいなくなった現代だからこそ,こういう絵本は親子で読んでいかなくてはいけないな〜と改めて思いました。
    平和と命の尊さ,戦争の悲しみと哀れさ,子供の頃に教えてあげるのも大人の役目ですね。

    投稿日:2018/10/26

    参考になりました
    感謝
    1

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『きゅうきゅうブーブー』tupera tuperaさんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット