新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ

りんごとけんだま」 その他の方の声

りんごとけんだま 作:鈴木 康広
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2017年10月25日
ISBN:9784893096296
評価スコア 4.5
評価ランキング 7,744
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • わが子たちは 学童で小学生4年生まで育てられ そこでけん玉を楽しんでいました
    「もしかめ」 けんだまで 大皿 小皿に移動する しかも 落とさずに何度もくり返すのを リズムよく何百回もしていたこと   けん玉のわざを 一生懸命練習していたこと 懐かしく思い出しました
    作者の遊びの成長しもおもしろかったです

    りんごとけんだまという 発想は ニュートンの万有引力のこと地球のこと月のことなどに発想が広がり おもしろく読ませていただきました
     
    宇宙の姿が見えてくる  
    先日  ニュージーランドへ行きまして  南十字星や 木星を 天体望遠鏡で見たり シリウス 火星なども見て  宇宙の大きさに感動しました
    もちろん月も出ておりました

    この絵本のラストは ぞうさんの鼻の上にりんごがピタッとくっつくという  ホッコリさせてくれる ラストでした

    この本は学童の子どもたちに読んであげたいです!

    投稿日:2018/05/10

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット