話題
バムとケロのカレンダー2021

バムとケロのカレンダー2021(文溪堂)

今年もバムとケロのカレンダーが出来ました!

空の王さま自信を持っておすすめしたい みんなの声

空の王さま 文:ニコラ・デイビス
絵:ローラ・カーリン
訳:さくま ゆみこ
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2017年10月
ISBN:9784776408178
評価スコア 4.5
評価ランキング 7,747
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 疎外感

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子4歳

    転勤族の我が家は今までも、またこれからも
    引越しをしていくことになり、
    子どもたちも大人も最初は疎外感を少なからず感じています。

    でも、この本のように、
    息子たちにも
    自分の居場所だとできるだけ早く認識し、
    安心して生きてほしいので、
    我が家は週末はお出かけし、
    その土地のことを知り、好きになってきています。
    少年にとってエバンズさんのような人に
    子どもたちも親も出会えるよう、
    地域にも積極的に関わっていきたいです。

    レース用のハトはこんな風に訓練していると初めて知り、
    そう意味でも面白かったです。

    投稿日:2019/09/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見知らぬ土地に引っ越してきた少年が、年老いたエバンズさんと

    知り合い、仲良くなりました。レース用に訓練しているハトをもらい

    「レ・デル・チエーロ」(イタリア語で”空の王様”)と、名づけた。

    エバンズさんに、”ハトは、帰る道がわかるように生まれついてい

    るからな”と言われたように、1600キロの彼方から戻ってきた

    ”レ・デル・チエーロ”が、少年が広げている腕の中へ飛び込んで

    きた時に、”やっぱり、ここが自分の居場所なのかもしれない”と、

    思うようになった少年でした。

    自分の居場所が見つけられてよかったなあと思いました。

    投稿日:2019/05/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 少年の居場所探し

    ふるさとのイタリアから1600キロも離れた国に移り住んだ少年の孤独感が響いてきます。
    知り合った老人からもらったレース鳩の空を翔ぶ自由感と、翔ぶことのできない少年の閉塞感が、対照的に絵から滲み出てきます。
    ふるさとのイタリアスタートの鳩レースが象徴的です。
    鳩の帰巣本能に、少年は自分の居場所を教えられました。
    全編を通して静かで重厚な物語ですが、帰ってきた鳩に少年の心に灯りがともったような気がします。

    投稿日:2017/11/22

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…


似ているのはいや?自分やお友達の良いところを見つけよう

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット