くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

貝の火自信を持っておすすめしたい みんなの声

貝の火 作:宮沢 賢治
絵:おくはら ゆめ
出版社:三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2017年10月17日
ISBN:9784895881371
評価スコア 4
評価ランキング 20,007
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おごりが人をだめにする

    命がけでひばりの子を救ったホモイでしたが、貝の火という宝物を授かってからどんどん傲慢になっていきました。
    キツネの悪意に呑み込まれていく様は、人の心のすきを痛烈に描いているようで心が痛みました。
    そして結末が何ともやりきれないのです。
    子どもたちが、この物語の真意を受け止めきれないのではないかと不安になりつつ、ずっしりと戒めを受けとめました。
    「つんぼ」という言葉が焼き付いてしまいました。

    掲載日:2017/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 宮沢さん 受賞レビュー

    宮沢賢治さんの作品だったのでこの絵本を選びました。全ては自分次第だということを学びました。哲学的な内容に、日々の自分の行動と、物事に対する考え方を考えさせられました。ふと立ち止まって、考えるきっかけをくれたこの絵本に感謝します。主人公の目の描き方に気持ちがしっかりと表現されているのが素晴らしかったです。

    掲載日:2017/11/15

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / キャベツくん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



mpiオリジナル絵本・アクティビティブック インタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 9

全ページためしよみ
年齢別絵本セット