岩波少年文庫 とびきりすてきなクリスマス」 みんなの声

岩波少年文庫 とびきりすてきなクリスマス 著:リー・キングマン
訳:山内 玲子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\640+税
発行日:2017年10月17日
ISBN:9784001142419
評価スコア 4.5
評価ランキング 7,737
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 最後の場面には感動でうるっと

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    よくお勧めされていたのでクリスマスも近いので読んでみました。

    字のサイズも大きく、絵も入っているので読みやすいです。
    小学校低学年ぐらいなら読み聞かせしてもよさそうですが、
    6歳と3歳の息子には少し早いかなと
    自分のために一人で読みました。

    よかったです。
    最後の場面には感動でうるっときちゃいました。

    心配なお母さんの気持ちもわかるけれど、
    クリスマスを楽しみにしている子どもたちのために
    悲しみを見せずに、クリスマスに向けて動き出す姿が素敵です。

    こんな素敵な家族、あこがれます。

    投稿日:2018/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家族を喜ばせたい気持ち

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、男の子6歳

    4年生の長男に勧める本を探しながら岩波少年文庫を読み、自分が楽しんでいます。

    10人兄弟の真ん中の10歳の男の子のお話です。一番上の兄がすでに働いており、いつもはその兄からのプレゼントを楽しみにしていたのですが、今年は様子が違います。

    クリスマス前に兄が乗った船が行方不明となり安否もわからないままになります。兄が見つからないことが家族の一番の心配ですが、今年は兄が用意してくれるはずだったプレゼントがないことも兄弟を悲しませています。主人公は思い立って兄の代わりにプレゼントを用意しようと奮闘します。そしてクリスマスには本当にすてきなことが起こります。

    対象年齢が「2、3年生から」となっている通り、低学年からでもスラスラ読めるストーリーです。

    投稿日:2018/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマスリーズンに読みたい本!

    私はクリスマスリーズンを感じる11月ごろから,毎年クリスマス本を買いたくなります。
    子供と一緒にクリスマスを待ちながら本を読みたくて。
    娘は小学2年生,今年のクリスマス本は絵本から児童書にワンランク上げてみようかな〜と思っていたところ,こちらの本は小学2,3年生からということなので,いいなと思いました!
    原作は40年も前のものというのもまた惹かれました。

    投稿日:2018/09/21

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット