新刊
きみの話を聞かせて しろさめ作品集

きみの話を聞かせて しろさめ作品集(小学館集英社プロダクション)

全編透明水彩画で描かれたイラスト作品に、描き下ろしのショートコミックを大幅に加えた、待望の作品集!

  • 泣ける
  • かわいい
新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり

オレ、カエルやめるやふつうだと思う みんなの声

オレ、カエルやめるや 文:デヴ・ペティ
絵:マイク・ボルト
訳:小林 賢太郎
出版社:マイクロマガジン社
税込価格:\1,760
発行日:2017年11月25日
ISBN:9784896376760
評価スコア 4.45
評価ランキング 10,939
みんなの声 総数 70
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 濡れててぬるぬるなのがいやだから、
    カエルでいるの、やめようかな、という子供のカエル。
    それを「他のものにはなれない」と諭すお父さんカエル。

    子供に諦めさせることを覚えさせようとしているのか、
    違うものにはなれないのだから、
    自分らしくいることを考えるよう諭しているのか、
    凄くギリギリの線の内容だなと感じました。

    最終的にはお父さんからではなく、
    他の生きものからの意見で、
    カエルでいることになるのですが・・・

    ちょっと消極的な終わり方に感じてしまうので、
    もっとポジティブな内容展開になるといいのになと思いました。

    投稿日:2018/03/26

    参考になりました
    感謝
    3
  • これで自己肯定できる?_

    「おれ、カエルやめる」という息子に
    「ほかの者にはなれない」という父カエル・・。

    何者かになりたいからカエルを辞めるのでなく
    とりあえずカエル辞めたいってのが、私的にはどうも・・。
    また、カエル辞めるために、なりたい他の動物を言い出す息子に
    「・・・・にはなれないよ」と常に否定し続ける父・・。

    あるがままの自分を受け入れるには
    まず「絵空事みたいな希望は持つな」と言ってるみたいな気がしました。

    基本的に、自己肯定させる本なんだろうけど・・
    なんなんだろう・・この読後感。

    投稿日:2018/12/08

    参考になりました
    感謝
    2
  • 他者への羨望

    可愛らしい話でした。カエルをやめるというより、他のものになりたいという願望ですよね。子供は勿論なこと、大人だって、XXちゃんはいいなぁ―という気持ち、ありますよね? それを若さから言っちゃう話でした。でも、最後に自分が自分であることに良さを見つけられて、一件落着してよかった。結構大事なことを書いているのに、サラッと楽しく読めるところがとてもよかったです。

    投稿日:2017/12/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • オレはオレ、あなたはあなた

    誰も自然には逆らえない。オレはオレ。あなたはあなた。
    当たり前のことだけど、深い言葉だなと感じました。
    動物の絵もさることながら、その吹き出しの形や、その吹き出しの中に書かれている文字まで、その動物が話している様子が伝わってくるような独特な形で楽しかったです。

    投稿日:2017/12/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 親ってどうしてダメだしするんだろ。
    とちょっとだけイラっとしてしまいました。
    そんなにばっさりできないと言わなくても......

    でも、それは別の第三者からカエルのよいところを
    聞きます。

    これもよくあること、あれ?自分でこんないいところが
    あるんだ!というのを親ではなく別の人から指摘されるということ、
    そんな人に子どもは出会ってほしいと思いました。

    ただ、こどもは単純にこの漫才のような親子のかけあいを
    楽しんでいました。プリキュアだって仮面ライダーだって、
    なれるよ!そこからなにか見出してあげる親になりたいなと
    思いました。

    親子の掛け合いは楽しい絵本です。

    投稿日:2017/12/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 自分を受け入れよう

    カエルをやめたい理由が次々と出てきて、
    おもわず「自分がカエルだったら・・・」なんて想像してしまいました。

    こどもカエルの「なりたい」を、
    冷静に「なれないよ」と説明するお父さん。
    ですが、それが嫌な感じでも意地悪でもなんでもなく
    とにかく落ち着いていて、妙にリアリティがあります。

    絵の好みは分かれるかと思いますが、
    自分を受け入れようというテーマがわかりやすかったです。

    投稿日:2017/12/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • …になれなくても素敵

    幼い頃には、それが可能か不可能かなどとは一切考えずに、「大人になったら…になる」と無邪気に夢みていまいました。

    でも、だんだんに、自然に、その夢を忘れたり、諦めたりする人の方が、多いように思います。そして、小さいときの夢は…だったな…と急に、思い出したりして。

    この絵本は、それが、別に悪いことではないよと教えてくれる絵本のような気がします。

    投稿日:2017/11/30

    参考になりました
    感謝
    1

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / かいじゅうたちのいるところ / おへそのあな / ちょっとだけまいご / くまくん、じゅんびは オーケーかい?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット