に〜っこり に〜っこり に〜っこりの試し読みができます!
作: いしづ ちひろ 絵: くわざわ ゆうこ  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数30万部突破の人気シリーズ第1巻!

おとえほんなかなかよいと思う みんなの声

おとえほん 作:エルヴェ・テュレ
訳:たにかわ しゅんたろう
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2017年10月03日
ISBN:9784591155400
評価スコア 3.67
評価ランキング 36,836
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 難易度は高いです

    『まるまるまるのほん』『いろいろいろのほん』『あそぼ』に続く作品。
    今回のテーマは音。
    ということで、参加型で、たくさん音を出して遊ぶ趣向です。
    丸に指を当てて、音を出し、大小に合わせて音を変えます。
    さらにはリズム、高低、などなど。
    さらに、違う色が出てきて語彙が増えます。
    もちろん、感性で楽しめばいいのですが、
    読み手もしっかり読みこんで理解していないとリードできません。
    ということで、難易度は高いです。
    でも、そのチャレンジはすごいと思います。
    さらには、そのデザイン力もお見事です。
    もちろん、谷川俊太郎さんならではの訳文にも感嘆です。
    小学生くらいからでしょうか。

    投稿日:2019/05/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • かなりチャレンジ精神旺盛な、実験的絵本です。
    「ぽん」の音の強弱、速い遅いでウォーミングアップした後は、どんどん音の種類、リズムが激化していきます。
    成り行きで、意外な発展が楽しめそうですが、コントロールする読み手(?)の手腕も試されそうな絵本です。

    投稿日:2018/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 音楽の楽しさ

    シリーズ何作目かだったので、おぉっ!?という驚きは感じられず、ほどほどに息子と楽しみました。

    私はピアノをやっていたことがあるので楽譜が読めるのですが、むしろ楽譜が読めない夫と息子の組み合せでこの絵本を読んでいるのをはたで聞いていると、純粋に音楽を楽しんでいるように聞こえてうれしくなりました。

    「楽譜を読むこと」や「楽器を上手に弾くこと」から解放された「音楽の楽しさ」っていいですね。

    投稿日:2017/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 音と絵の融合

    音と絵を融合して楽しめる、新しいタイプの絵本です。

    この著者と、谷川俊太郎さんの訳の、コラボは、すでに何冊かあるようです。

    絵本は、ただ読むだけでなく、五感を使って、身体で動いて遊ぶ世界へと、広がっているな…と思いました。

    投稿日:2017/11/20

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット