もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

世界を救うパンの缶詰」 ママの声

世界を救うパンの缶詰 著:菅 聖子
絵:やました こうへい
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2017年10月
ISBN:9784593535231
評価スコア 4
評価ランキング 24,956
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • パンを缶詰にする大変さ

    災害時に大活躍するパンの缶詰。
    焼いたパンを缶に閉じ込めればいいだけだと思っていけれど
    開発秘話を読むと、
    カビ対策、水滴対策と
    思ったよりずっと大変そうでした。
    また、防災用だからこそ
    期限切れ近くになって、まだ食べられるのに返品され処分をお願いされることも・・。
    これを、食べるのに困っている人たちのいる海外へ届ける活動も発足させて、
    うまいサイクルを作り出しています。
    ただのパン屋だと思うなかれ。
    すごいバイタリティー。
    とうとうパンは、宇宙にまで行くことになります。すごい!!

    戦争で全身やけどを負いながらも、生きて終戦を迎え、
    戦後は不自由な体もなんのそのでパン職人となった初代と、
    広い視野を持つ2代目の好奇心と創意工夫とが
    パンの缶詰を産んだことがわかります。
    文中に、缶詰パンがスペースシャトルにのることになったくだりで「まわり道をしたように見えた時間も、結局無駄な事は何一つなかった」という一文が、
    とても心に響きました。

    投稿日:2020/01/02

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / いないいないばあ / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ちかてつ もぐらごう』大森裕子さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット