くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

たぬきがのったら へんしんでんしゃ」 みんなの声

たぬきがのったら へんしんでんしゃ 作・絵:田中 友佳子
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2017年11月30日
ISBN:9784198645199
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,944
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 次が気になる

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子6歳、女の子5歳

    まじめさんがどんどん変身していく姿にワクワクします。
    次は何に変わるのかな?とページをめくるのが楽しい。
    ジェットコースターになったり潜水艦になったり、ドリルカーにロケット、まさか宇宙にまで行ってしまうとは!楽しい1冊でした。

    掲載日:2018/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい!

    田中友佳子さんの絵本が大好きなので、借りてきました。今回も期待を裏切らない楽しさ!次女も大喜び!

    まじめさんというまじめな電車が主人公。初めて「びっくり線」を走るのです。最初の駅でたぬきの団体さんが乗ってきて。そうするといろんなのことが起こるんです。線路がぐるぐるになっていたり、線路が海中に入っていたり。そのたびにそのたびに「ぽんぽこぽーん」の呪文でジェットコースターに変身したり、潜水艦に変身したり。

    とっても楽しいです。まじめさんはドキドキなんですが。

    とっても楽しい絵本です。わくわくどきどき疑似体験できますよー。

    掲載日:2018/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • やはり平凡なもとのでんしゃがよい?

    でんしゃさん、奥ゆかしい執事さんのような
    しゃべり方で、性格がよく出ていると思いました。
    でも、次々と、妖怪が現れたり、線路が大変なことになって
    たぬきの団体さんがいなかったら 困ったことになっていたかも。
    だんだん変身になれて、元のでんしゃは退屈だと思ったり、
    とてもこわい思いをして、やはり平凡なもとのでんしゃがよい
    と思ったり、これは人の心理を突いていますね。
    たぬきさんたち、あっぱれですが、次はキツネさんたちのばんです。
    今度はどんな冒険になるのでしょうね。

    掲載日:2018/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • どうだー!

    でんしゃがどんどん変身してしまう、という絵本です。
    息子は特にロケットがお気に入り。
    「どうだー!」という掛け声もいかにも男の子が喜びそうですね。

    カラフルな宇宙人も息子はちょっと怖いらしく、それもあわせて楽しんでいます。

    ちょっと読み聞かせにはもたつく感じ、もう少しシンプルな言葉だといいなぁと思ったので☆4つにしました。

    掲載日:2018/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 続きも見た〜いです!!

    「こんたのおつかい」が大好き!!
    田中友佳子さんの作品です
    何度読みきかせをしても
    楽しいです

    今回は、電車
    まじめな!?電車なんです
    ところが
    乗ったのは、たぬきさんたち
    賑やかそうで
    初めて会った電車さんに関係なしに
    ぱっ!!と
    車内で、既に宴会状態(笑
    化け比べはイベントなんですね

    と、場面が切り替わる度に
    ば〜ん!!と
    大きく描かれた妖怪とかいろいろな登場物が
    怖いけど
    なんか、にくめないかわいらしさのある絵なんです

    まじめな電車まじめさんも
    いつのまにか
    たぬきさんのパワーに魅了され・・・

    線路が続いていない宇宙まで!!

    なんて、スケールのでかい

    そして、宇宙人もおかしい

    最後がまたいいんです
    その前のページの端っこにすでに描かれています

    あれ?こんた親子???
    続きがあるんじゃないですか?
    それとも、自分で続きを考えてねーということかな?

    青い鳥とか細かい絵とかも
    なんか気になって、ページ戻って探しています

    あれ〜
    「全ページためしよみ」出来たんですね?
    実物を楽しみました

    掲載日:2018/01/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • たぬきがかわいい

    6歳の娘は女の子らしく、あまり乗り物絵本を読みません。
    電車や車にもそれほど興味がないようで、乗り物絵本はほとんど買わないできました。
    ただこちらの絵本は、とてもかわいらしいたぬきさんたちが主役。
    たぬきさんたちの表情が豊かで、きっとこれなら娘も前のめりになって読むような気がしています。今度、読み聞かせをしてみます。

    掲載日:2018/01/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぽんぽこ〜 ぽん

    全頁試し読みで読みました。まじめさん電車に乗ったたぬきさんたちの「ぽんぽこ〜 ぽん!」と、まじめさん電車が変身するのが、凄く楽しくて次が何に変身するのかドキドキしました。私が一人占めするのは、もったいないのでこの絵本を購入して孫たちと一緒に楽しみたいと思いました。絶対お勧めの絵本です。

    掲載日:2018/01/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぽんぽこぽーん!で大変身

    たぬきとくれば化け比べ?タイトルを見ると、それだけで何か愉快な展開が待っていることが想像されて早く読みたくなります。

    真面目に電車を走らせてきたまじめさんと、変身大好き、電車の中でも化け比べで陽気なたぬきさんご一行。

    色々な災難?に遭遇しても、それをぽんぽこぽん!の呪文でなんのその。
    楽しい乗り物に早変わり。
    この軽快なテンポがとっても楽しくて、読んでいてもワクワクしました。

    そして、宇宙にまで!行ってしまうんです。スケールが大きい!
    でも最後にはきちんとおんせんむらに連れて行ってくれます。次のお客さん・・・きつね!!これまたなんだか楽しくなりそうな予感!

    続編もあるかなー。次が楽しみになる絵本です。

    掲載日:2018/01/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • まじめでんしゃさんがへんしん?!

    最初はたぬきが変身しておおはしゃぎするのでたぬきのお話と思いきやまじめでんしゃさんがたぬきの力を借りていろんな乗り物に変身していきます。とにかく電車好きな子にはもってこいのお話ですね。次は何に変身するのか子供と一緒に予想しながら読んだのですが、飛行機になるかと思いきやそれを飛び越えてロケットになってしまったので二人とも唖然としてしまいました^^;予想を超えていましたね。
    せんろはつづくシリーズを毎晩せがまれるのでこの絵本もルーティーンに入りそうな気配です。

    掲載日:2017/12/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • たぬきたちは 化けるのが上手なんですよ
    「ぽんぽこーぽん」のじゅもんは何にでも化けられるんですよ
    いわおとこも ジェットコースターには びっくり 

    おおだこの力もすごい! 
    潜水艦もなかなか かっこいいじゃない
    ロケットにヘンシンして 宇宙旅行とは  たぬきも楽しんでる〜
    宇宙人は ちょっと おもしろいけれどね
    まじめでんしゃは 「こわかった〜」 
    たぬきは 思い切り楽しんでる  この対比が おもしろいです

    次のお客さんは? きつねさん  今度も 化けて ヘンシン列車になりそうですね

    まじめな でんしゃも まいった まいった 
    お客さんを選べないからね   ご苦労様です まじめでんしゃさん
     

    掲載日:2017/12/26

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ぽっぽこうくう
    ぽっぽこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    ハトの飛行機ですてきな冬の旅を! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。


新潮文庫3200万部刊行、星 新一の小説が絵本に!

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット