話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
魔女からの手紙

魔女からの手紙(ポプラ社)

カスレちゃんという魔女にとどいた20人の魔女からの手紙。著名な画家陣が魔女のイメージで描いた絵に角野栄子が手紙文をつけた注目の絵本。

わたしたちのたねまき」 みんなの声

わたしたちのたねまき 作:キャスリン・O・ガルブレイス
絵:ウェンディ・アンダスン・ハルパリン
訳:梨木 香歩
出版社:のら書店
本体価格:\1,600+税
発行日:2017年10月
ISBN:9784905015345
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,393
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 驚きました

    梨木香歩さんの訳としり、読んでみました。いろんな視点からみた「たねまき」が描かれているのですが、その多彩な種のまかれかたには驚きました!! 改めて自然の壮大さに思いをはせてしまいます。そして、梨木さんのあとがき。特に最後の数行、こころにしっかりと刻まれました。

    投稿日:2019/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • たねたちの冒険にはいろんな力が不可欠です。

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子23歳、女の子18歳

    梨木香歩さんの本を読んでいて、この絵本を知りました。
    とても素敵なたねたちの冒険(?)をワンシーンワンシーン、四季折々、いろんな方向から見せてくれる作品です。

    絵本の場面の描き方が大きいので、線は細いですが、遠目はきくと思います。
    植物たちにとって、自然の力や動物たちの動きはすべてたねの冒険へとつながっていたんですね〜。
    邦訳者の梨木さんの後書きも面白かったです。
    ぜひ最後まで読んでみてください。
    子どもたちにはまだ読み聞かせはしていませんが、そのうち紹介したいなぁと、思いました。

    投稿日:2018/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外な種まき

    『PLANING THE WILD GARDEN』が原題。
    「たねをめぐる いのちたちのおはなし」という副題が魅力的です。
    母子が畑で野菜の種をまいている姿から、「私たちはもっと広くて大きい庭に種まきしている」と展開します。
    大風、鳥、太陽、雨、川、動物、そして人間。
    あらためて、その知恵に驚かされますね。
    多角的なアングルが添えられているのも、新鮮です。
    ウサギとキツネの例は、その緊迫感も見所だと思います。
    軽快なオノマトペも愉快です。
    先日草抜きをしただけに、種たちの命を改めて実感してしまいました。
    小学生くらいから、体感してほしいです。

    投稿日:2018/05/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然の偉大さ

    植物の種が、どのようにして次の世代を拡げていくのか、関わる自然や生き物たちを、改めて眺めてみると壮大な気持ちになりました。
    大自然のたくましさには、教わることばかりですね。
    小さな植物の種が、それより大きな自分の可能性を示してくれたように思います。

    投稿日:2018/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんな

    みんな、生きているだけで、たねをまいているのだ
    なあと思ったら、なんだかすごくうれしくなりました。
    たねをまくのは生き物だけでなく、風や、雨、太陽もそうです。
    壮大で、力強くて、元気が出ます。
    そもそも、「たねをまいて」「発芽して」「その植物が育つ」
    ということ自体、元気が出ることですものね。
    私は、どこでどんな風にどんな植物のたねをまいているかな。

    投稿日:2018/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • いのちのつながり

    「たねをめぐる いのちたちのおはなし」というサブタイトルが全てを物語っています。種をまき植物を育てるというのは、意識して私たちがやることです。けれど、それだけでなく、自然の営みの中で、風や動物や様々な者が種を運んで、植物が育っていくことに気づかされます。
    そのことがとても丁寧に美しく表現されている本です。まず、本文を読んで静かな感動を起こします。あとがきを読んで、またさらに深い感動を起こします。
    種はどうして移動して発芽しようとするのかということと、互いに協力しあっていることは人も同じだということ、離れたところで頑張っていると思うことでひとりぼっちと思わずにいられるということを知ります。
    絵も文章も控え目な表現ですが、あたえる感動は大きく大好きな絵本になりました。

    投稿日:2018/01/08

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。


【連載】第5回「怪奇漢方桃印」シリーズ 桃さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット