話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

たくはいびーん」 ママの声

たくはいびーん 作:林 木林
絵:出口 かずみ
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2017年11月09日
ISBN:9784338261296
評価スコア 4.29
評価ランキング 18,074
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • へんしんちゅうい

    表紙の、かわいいどうぶつたちに惹かれ、手に取りました。
    いろんな動物の宅配便。
    実は、言葉遊びのお話なんです。
    たぬきの「たぬきびん」は、「た」が抜けちゃうので、預けたわたがしが和菓子になっちゃいます。
    荷物は色々変身しちゃうけれど、お客さんは喜んでいるみたいなので、いいみたい。
    「へんしんちゅうい」のステッカーやお店のポスターに笑いました。

    投稿日:2020/12/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しいよ

    楽しい絵本です。

    動物が荷物を配達するお話です。

    配達する動物によって、配達するものが変わります。

    たぬきが配達する場合、

    配達するものの名前から「た」を抜いた名前にかわります。

    その手法でいろんな荷物が変身していきます。

    ちょっと頭を使いますが、一緒に考えると面白いです。

    そして最後に

    配達するものは何かあてるクイズのようなものがあります。

    これに結構時間を取られました。

    投稿日:2020/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 平仮名覚えたての娘にいいかなと思って読みましたが、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子6歳、男の子3歳、女の子1歳

    巻末の宅配便の変身ルールを見ないとなかなか難しいかな〜という印象を受けました。大人の私でも暫く考えないと「…ああ!」とならなかった。絵はどの動物も素朴な感じで非常に可愛いです。そして芸が細かい。細部まで楽しめます。

    投稿日:2018/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • レベル高し!

    ダジャレというか、言葉遊びのレベルがかなり高いです。
    自力で楽しめるのは小学生ぐらいかな?
    うちの息子は品物が途中でかわっていることにも気が付いていないようでした。

    ダジャレもよいですが、それぞれのお店に貼ってある標語とか、おしらせのほうが私は面白かったです。

    投稿日:2018/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい絵本ですね。

    小学校1年生の我が家の娘が読みましたが,そのくらいの年齢の子は理解できると思います。
    動物の宅配便屋さんが運ぶと荷物が大変身してしまうという設定の楽しい絵本です。
    なぞなぞ要素といいますかダジャレ要素といいますか。
    たくさんの動物たちも描かれているのでイラストもとても楽しいですね。

    投稿日:2018/01/14

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット