しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

さかさまこく の ちいさな だいまじん ゴーゴー クーボ! (1) 」 その他の方の声

さかさまこく の ちいさな だいまじん ゴーゴー クーボ! (1) 作:雙美 光
絵:ケーサー フィリップ
出版社:コスモノートパブリッシャーズ
本体価格:\1,400+税
発行日:2017年10月17日
ISBN:9784909351005
評価スコア 3.85
評価ランキング 31,713
みんなの声 総数 26
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • とてもユニークな作品

    スイス人アーティストの作品で、造形や色使いがとても独特で鮮やかで、今までに見たことがないような世界が広がります。

    一度見たら忘れないような、とてもユニークな作品なので、好みは分かれるかもしれません。

    ストーリーとしては、とても面白く、子どもたちにも分かりやすい内容になっています。

    『ありのままの自分を受け入れる』というテーマが根底にあるので、その辺も最近のトレンドだと思います。

    努力するということと、自分とはかけ離れた他のものになるということは、まったく違うことなので、わたしはとても好きなテーマなのですが、『ありのままの自分』でいいなら努力しなくてもいいじゃん、ということではないということをフォローしなければならないのかなとも思います。

    掲載日:2018/03/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 現代社会へのメッセージ?

    水たまりの世界へ疑問を抱き、思い切って飛び込んで行ったクーボとストロベリードッグ。その冒険心や、色鮮やかなイラストに、すっかり子供向け絵本と思っていると…。
    小さな大魔神の逆さ言葉の呪いを恐れ、本当のことを言えず暗い表情で暮らしていた住人たち。これはどこか現実の大人社会にも似たところがあると感じました。
    王座に駆け寄り、お仕置きを恐れずに、なぜ本当のことを言ってはいけないのか、小さな大魔神に尋ねたクーボの勇気。こんな風に思っても、実際にはなかなかこんなにストレートには聞けないことですね。
    身体が大きくてもいいことはないと気づき、素直に悔い改め、呪いを解いた大魔神。これもまた勇気ある行動だと思いました。
    思ったことを口にすることができ、明るい表情を取り戻した住人たち。清々しい気持ちになりました。
    一見、子供向けかと思いきや、実は大人向けのメッセージも隠されていると感じた絵本でした。

    掲載日:2018/03/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • はっきりしたイラスト

    キャラクターの設定がしっかりとしていて、
    コマ割りが多いので、アニメーションのような印象を受けました。
    おはなしが長いので、自分で文字を読める年齢のお子さん向けかなと思います。
    イラストや色合いがはっきりしているので、
    好みが分かれるかもしれないと思いました。

    掲載日:2018/03/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 変幻自在のドングリン

    • みいのさん
    • 60代
    • その他の方
    • 東京都

    アニメのような、ゲームのような絵で、普通の絵本ではあまり見かけないタイプのキャラクターが出てきました。
    ケムケムはちょっと可愛いですが、他のキャラがもう少し可愛いかカッコよかったらなと思いました。
    いろんなマシーンに変化できるドングリンは、なかなか便利そうです。


    掲載日:2018/03/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 翻訳の工夫

    • おちおさん
    • 30代
    • その他の方
    • 東京都

    絵も内容も悪くないと思いますが、話しのテンポが少し悪いのかな?と感じました。
    読み聞かせをしていても、抑揚をつけにくかったです。
    翻訳は正しいでしょうし、作家さんの意図もあると思いますが、
    日本語にした時に少し工夫ができたら、もっと素敵な絵本になるのではないかなと思います!!

    掲載日:2018/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今風です

    全ページためしよみで、読ませていただきました。
    直観的な感想は、今風だなあということ。絵は発色も構成もクリアです。印刷の技術がすごいな…と。お話も、未来的、SF的な冒険談です。ハッピーエンドでよかったです。

    掲載日:2018/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • クーボのなかまたち    宇宙人ぽいですね
    クーボたちは水たまりで 自分の顔を見ても 笑顔がなくて・・・・
    なぜかな?
    その水たまりの世界へ行くのですが・・・じゅうにんたちは さかさまなことしか言わないのです
    そして クーボは だいまじんに捕まえられて 牢屋に入れられるのです

    助けたのは 仲間です  ストロベリードッグ  ドングリン ケムケムの三人が 協力してたすけてくれるのです
    もちろん 牢屋に入れられていた じゅうにんもです

    だいまじんは 小さいと言われるのが 悔しくて 劣等感持っていたのかもしれません
    だいまじんも 国中にかけていた さかさまことばの 呪いをといてくれたのです
    そうしたら みんな 明るくヘンシンしたのですって
    めでたし めでたし
    アニメの映画のようでしたよ

    掲載日:2017/12/26

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



医学博士/脳科学者・加藤俊徳さん インタビュー

みんなの声(26人)

絵本の評価(3.85)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット