新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

せつぶんのおに」 みんなの声

せつぶんのおに 文:常光 徹
絵:伊藤 秀男
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:2017年12月27日
ISBN:9784494014620
評価スコア 4.33
評価ランキング 14,996
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • あの掛け声の由来!!!

    「鬼は外福は内」、節分の豆まきのお馴染みの掛け声ですが、こちらの絵本はその掛け声の由来が書かれている絵本です。
    こんな由来があったんだ〜と、大人の私も驚きました。
    節分シーズンにぴったりな親子で読みたい絵本に思いました。

    投稿日:2020/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「鬼は外、福は内」の掛け声の由来を説く話

    • 押し寿司さん
    • 70代以上
    • じいじ・ばあば
    • 愛知県

    「鬼は外、福は内」のかけ声の由来を説くお話とありました。

    娘の名前”ふく”と、「福は内」の福をかけている点に特色があろと

    ありました。村一番の婿殿を迎えるために、裏庭の大石を、庭ま

    で持ってきたものに、ふくの婿にとる立て札に、朝一番にやって

    来て顔を真っ赤にして踏ん張ったけれど大石はびくともしなかった

    けれど、鬼から”ふく”を助け出した隣のあにさんは、本当に”ふく”

    に、くびったけだったんだと思いました。苦難の末、あにさんの

    活躍と豆の力で、めでたく「ふくは内」となったお話でした。

    投稿日:2019/12/03

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • わたしたち
    わたしたち
     出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
    母と子の強い絆を描いたチリの絵本。いつか旅立ってゆく、あなたへおくるメッセージ


児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット