おてて だあれ? おてて だあれ? おてて だあれ?の試し読みができます!
作: ふくなが じゅんぺい 絵: たかしま てつを  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
おててが どうぶつに大変身! 親子で楽しむ、手あそび絵本。

DOOR 208の国と地域がわかる国際理解地図(2) ヨーロッパ」 みんなの声

DOOR 208の国と地域がわかる国際理解地図(2) ヨーロッパ 監修:中村 和郎 次山 信男 滝沢 由美子
発行:地図情報センター
出版社:帝国書院
本体価格:\2,800+税
発行日:2018年02月
ISBN:9784807163984
評価スコア 4.42
評価ランキング 9,913
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 世界中が平和でありますように

    • みいのさん
    • 60代
    • その他の方
    • 東京都

    国ごとに首都、人口、言語(挨拶)などの最新情報が載っています。
    スポーツやお菓子の話題は、子どもはもちろん、大人にとっても興味深いものです。
    見ていると、海外旅行に行きたくなってきました。

    私が子どもだった頃と、国境や国名が変わっている地域もあります。
    この本に載っている国も、載っていない小さな国も、世界中が平和でありますようにと、心から願いました。

    投稿日:2018/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ヨーロッパの国々

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳

    ヨーロッパの国々のことがいろいろと書かれていておもしろいです。
    同シリーズのアジアとあわせて見るとより良いですね。
    こどもはやっぱり知っている国についてのほうが反応していたかな。
    日本語以外の違う言語でのあいさつもちょっと興味があるようです。

    投稿日:2018/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しめる地図 受賞レビュー

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    それぞれの国の特徴を描いたイラストと、コラムや地図上にたくさん掲載された情報で、名前しか聞いたことがなくにでも、「こんな国なんだ〜」とイメージを持つことができました。大人の私でも知らなかったことがたくさん載っているので、時間を忘れてすみずみまで読んでいました。
    緑色で、地名ばかりの地図よりも、子どもたちはきっとこっちのほうが楽しいですよね。いろんな国について、楽しみながら知ることのできるわくわくする地図でした。

    投稿日:2018/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ヨーロッパの国々の場所や特徴が、小さい子供にもわかりやすくまとめてあり、大人も子どももじっくりと見入ってしまいました。有名な場所でも、意外と知らないことがあって新たな発見がありました。一度はまってしまうと何度も読み返したくなります。

    投稿日:2018/03/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 開いて楽しい地図

     ほんとうに「開いて楽しい」地図ですね。
     ヨーロッパ全体の地図があって、それぞれの国が紹介されています。
     みひらき2ページで、ひとつの国のことがわかるのが、いいなと思いました。それぞれの国の特徴が、かわいいイラストでとてもわかりやすく描かれています。

     知っている国も、知らない国も、興味がわいてきます。
     いろいろな国のあいさつの言葉も、会話のきっかけになりますね。
     小さな子から大人まで、楽しく、国際理解できる本でした。

    投稿日:2018/03/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどもが興味津々!

    我が家は夫が外国人なのですが、ヨーロッパの人なので、子供はこの本でもっとパパの国を知りたいみたいでした。とってもイメージが湧きやすい有名な場所等が大きく描かれているし、国の特徴なども絵を見て分かるようになっているので、小学校低学年でも十分楽しめると思いました。

    また、本当にヨーロッパの中の小さな国についてもしっかりと書かれているのには驚きました。子供は、主人の国のページを見ては、「今度これ見てみたい」「あ、これ知ってる」等と言いながら見ていたので、今後は主人の国に行く時は夫は色々と連れて行かないと行けないみたい・・・。と思ってしまいました。

    また、本の名前がとても素敵で、ドア。本当に良い名前だと思いました。このドアの向こうに、世界が広がる、そんなイメージで大好きです。

    子供たちにもこの本を通じて、世界のいろいろな国に冒険に出てほしいなと思いました。とても素敵な本で、お勧めです。

    投稿日:2018/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像の羽

    • サニーふうさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、女の子3歳

    遠いヨーロッパについて、日本との接点を交えながらかかれており、とても面白いです。あいさつや国の特徴なども記載されており、ヨーロッパの魅力がぎゅっとつまっているので、子どもたちも興味津々。
    想像の羽を大きく広げながら、もって知りたい、いつかいってみたい、と、関心の幅を押し広げてくれる一冊です。

    投稿日:2018/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 国の特徴がわかりやすい

    それぞれの国の特徴がパッと目に入り、とても読みやすい図鑑だとおもいます。詳細がたくさんあっても小さな子は分かりにくいのですが、ちょうどいい割合の絵と情報で、世界へ興味をもつ第一歩としては最適ではないでしょうか。ひとつひとつの世界がより身近に感じられると思います。地域ごとにわかれているのは、とってもわかりやすいです。

    投稿日:2018/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 世界を身近に感じられる良書

    世界各国の地形や
    文化、建造物などがイラストで
    ぎっしり描かれている世界図鑑です。

    シリーズもので、第5弾まで
    出版が予定されているそうです。

    値段も結構しますし、
    本棚のスペースもとってしまいますが、
    それでも欲しいと思うシリーズです。

    広く浅くの図鑑では物足りなくなって
    きた頃に買ってあげたいです。

    投稿日:2018/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぜひ小学校図書室に

    DOORSシリーズのヨーロッパ版です。
    国ごとに、その文化や特徴が、分かりやすく描かれています。 大人でも、子どもでも、とても読みやすく、世界への興味を広げてくれます。
    パラパラ見るのにも、調べ学習にもよいですね。
    小学校の図書室には備えておきたいシリーズです。

    投稿日:2018/03/01

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ねえねえ
    ねえねえ
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    世界は不思議なことがたくさん!ねえねえ、いっしょにでかけよう!遊び心いっぱい、父と子の冒険絵本。


『おかしになりたいピーマン』『おもちゃになりたいにんじん』岩神愛さんインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.42)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット