話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

マルラゲットとオオカミ」 みんなの声

マルラゲットとオオカミ 文:マリー・コルモン
絵:ゲルダ・ミューラー
訳:ふしみ みさを
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2018年02月28日
ISBN:9784198645724
評価スコア 4.5
評価ランキング 7,268
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • オオカミとは

    生きものについて、深く考えさせられるお話でした。
    自分が食べられそうになったのに、オオカミを助けた心優しいマルラゲット。
    オオカミはマルラゲットの優しさにひかれ、ずっと一緒にいたいので、言いつけを守り、動物を食べることをやめます。
    しかし、肉食動物のオオカミ。
    動物を食べられないと生きられないことを知ったマルラゲットは、オオカミと離れる決意をします。
    人間とオオカミ、心を通わせることはできても。。。単なる綺麗事で終わらないのが良かったです。

    投稿日:2020/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 深く考える1冊

    久しぶりに深く考えさせられる絵本に出会いました。
    女の子とオオカミの、不思議な関係。
    不思議な運命。
    読み進めていくうちに、感情移入をして、
    最後には涙もでました。
    それぞれの思いを深く考えました。
    こんな素晴らしい絵本に出会えたことに感謝です。
    子どもから大人まで、おすすめの1冊です。

    投稿日:2020/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私らしさと周りとの間で

    初版は1952年の作品と聞いて驚きました。
    まったく古さは感じず、むしろ新鮮な内容でした。
    小さな女の子に助けられたオオカミが、改心して言いつけを守ろうとします。いい子になったオオカミ。これで一件落着と思ったら違ったのです。
    自分らしさを失ったオオカミは、みるみる痩せていき、、、
    私らしさと周りとの間で折り合いをつけるのって、なかなか難しいことだと思います。
    そんなことを考えさせてくれる、奥深い絵本でした。

    投稿日:2019/01/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 森で出会った怖い〜オオカミがマルラゲットの怖いもの知らずの 優しさに こんなにも 変わるのか? 
    おもしろいお話です

    本来  オオカミは 動物を食べて生きているのです
    人間だって いろんな肉や魚 野菜などをいただいて 生きているのです
    でも・・・・  マルラゲットはオオカミが自分を食べようとしているなんて思わず 怪我したオオカミを助けてあげ  人間と同じように看病してるの    二人の関係が 友情とでも言うのでしょうか?

    オオカミは本来の姿を がらりと変えてしまうのです
    動物を食べない(我慢しているのです)
    彼女と一緒にいるのが 嬉しくなり いいなりに(痩せてしまったオオカミ)  ちょっと 笑えますが・・・

    でも・・・・ きこりのおじさんが オオカミは肉を食べなくては生きていけない
    おじさんは このように 動物が生きるには何が必要かを教えてくれたのです(大切な教育ですね)

    ここではじめて オオカミとはを知る マルラゲット

    森に戻してあげました

    動物が生きていくには、 何が必要か そんなことを 子どもに教えてくれる お話でした

    どんな女の子に成長してくれるかが 楽しみです

    投稿日:2018/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心にのこるお話

    • イヨイヨさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 男の子4歳、女の子2歳

    フランスの名作として紹介されており、図書館で借りて読みました。
    2歳の娘は、絵のタッチが気にいっている様子。マルラゲットの表情、オオカミの表情が絵本の世界にひきこみます。
    4歳息子は、お話にじーんと浸っていました。何より私がひきこまれてしまいました。
    我が家の本棚におむかえして、本当に良かったです。ひさびさに、親の私が絵本の世界へ入れました。

    投稿日:2018/09/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心にのこる

    「ミシュカ」の絵本が印象深かったので、同じ作者としり読んでみました。
    怪我をしたオオカミを看病し、よりそうマルラゲット。オオカミもはじめてやさしくしてくれたマルラゲットの言うことをききはじめますが・・・。
    人間とオオカミという生態の違いをしり、相手を思って離れていても心をよりそわせるラストが心にのこりました。

    投稿日:2018/05/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • オオカミの複雑な気持ち

    自分を襲ってきたオオカミのケガを、治してあげようとするマルラゲットの気持ちがよくわからないので、ちょっと複雑な気持ちになりました。
    オオカミにとってはありがた迷惑のはずですが、マルラゲットの並々ならぬ優しさに、やせ衰えても動物を襲うことを止めようとしたオオカミの行為も、不思議な感じがしました。
    一緒には生きられないマルラゲットとオオカミですが、マルラゲットに何事も起こらなかった事が、何よりも良かったような気がします。

    投稿日:2018/03/26

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / パパ、お月さまとって!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット