くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

マルラゲットとオオカミ」 みんなの声

マルラゲットとオオカミ 文:マリー・コルモン
絵:ゲルダ・ミューラー
訳:ふしみ みさを
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2018年02月28日
ISBN:9784198645724
評価スコア 4
評価ランキング 22,328
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 心にのこる

    「ミシュカ」の絵本が印象深かったので、同じ作者としり読んでみました。
    怪我をしたオオカミを看病し、よりそうマルラゲット。オオカミもはじめてやさしくしてくれたマルラゲットの言うことをききはじめますが・・・。
    人間とオオカミという生態の違いをしり、相手を思って離れていても心をよりそわせるラストが心にのこりました。

    掲載日:2018/05/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • オオカミの複雑な気持ち

    自分を襲ってきたオオカミのケガを、治してあげようとするマルラゲットの気持ちがよくわからないので、ちょっと複雑な気持ちになりました。
    オオカミにとってはありがた迷惑のはずですが、マルラゲットの並々ならぬ優しさに、やせ衰えても動物を襲うことを止めようとしたオオカミの行為も、不思議な感じがしました。
    一緒には生きられないマルラゲットとオオカミですが、マルラゲットに何事も起こらなかった事が、何よりも良かったような気がします。

    掲載日:2018/04/01

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はなびのひ
    はなびのひの試し読みができます!
    はなびのひ
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    待ちに待った花火大会に、町じゅうがワクワクする様子が面白い! 一緒に花火を楽しみませんか?
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


「ろっぺいブックス はじめてのえほん」刊行記念インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット