ぼんやきゅう ぼんやきゅう
文: 指田 和 絵: 長谷川 義史  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
亡くなったひとたちと、いまを生きているものとの交信、それが、盆野球。

かべのむこうになにがある?」 ママの声

かべのむこうになにがある? 作:ブリッタ・テッケントラップ
訳:風木 一人
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2018年03月10日
ISBN:9784776408161
評価スコア 4.29
評価ランキング 17,412
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 考えさせられる

    子どもの読書感想文をきっかけに一緒に読んでみました。子供と読み終わった後に、自分だったら何の動物のタイプかなぁーなど、親子の会話も増えました。
    壁が初めからあるものと思って生活していたら疑問に思わず生活してしまいそうなので、疑問に思って行動に出たネズミは凄いなぁと感心しました。
    壁を乗り越えた後の景色はとても素晴らしそうです!何か壁にぶつかったときに読みたい絵本だと思います。

    投稿日:2019/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当の物を見る勇気

    『Little Mouse and the Red Wall』が原題。
    そびえ立つ赤い壁が印象的です。
    大きな赤い壁に囲まれた所に住む小さな知りたがりのねずみが主人公。
    ねずみは、壁の向こうに何があるか疑問に思い、
    動物たちに尋ねるのですね。
    でも、誰も知らないし、知ろうともしないのです。
    ところが、ある日、空色の鳥が飛来し、ねずみは壁の外に連れて行ってもらうのです!
    空色、というのが、何とも暗示的です。
    本当の物を見る勇気、という表現に納得です。
    そして、意外な展開がドラマティックです。
    小学生くらいから、大人まで、それぞれ感じるところがあるように思います。

    投稿日:2018/10/19

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<後編>

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット