話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

わたしはヴァネッサと歩く」 ママの声

わたしはヴァネッサと歩く 作・絵:ケラスコエット
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2018年02月
ISBN:9784265851195
評価スコア 4.17
評価ランキング 21,682
みんなの声 総数 5
「わたしはヴァネッサと歩く」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自分の心の中で解釈

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子4歳

    「え、いじめの本?どうしたらいいのかわかるの?」
    と、小学校1年生がいじめに関して意外に反応したのが
    びっくりしました。
    いじめという言葉を知っていること事態、
    本人も関わっているんじゃないかと変に勘ぐってしまいそうですが、
    そこは黙って読み始めました。

    4歳児は「お話読んで」と言っていましたが、
    文字がないとわかると、静かに見ていました。

    いじめを見てしまい、悩んでしまう主人公の表情や動き、
    文字という余計な情報がない分、
    自分の心の中で解釈でき、
    子どもが真剣に考えるうえでもいいと思いました。

    投稿日:2019/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 踏み出す勇気

    • 陽菜マリさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子9歳、女の子6歳、女の子1歳

    4年生になる娘と読みました。
    この絵本には文がなくて絵のみの絵本でした。
    私はこの本から何かを感じ取ってほしいと娘に見せました。
    大人でもみんなから敬遠されている人に声をかけるのはなかなか勇気がいることだと思います。声をかけたいけど周りの目が気になって見てみぬふりをしてしまうとかみなさん経験してるんじゃないかと思います。
    そんな時絵本の主人公の女子は勇気を出し声をかけに行ってあげました。その行動一つでみんなに広まっていきいじめがなくなったようです。
    これを娘が見て自分なりにいじめについて考えてくれたらと思いました。

    投稿日:2018/06/03

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / そらいろのたね / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】第5回「怪奇漢方桃印」シリーズ 桃さんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット