話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

わたしはヴァネッサと歩く」 パパの声

わたしはヴァネッサと歩く 作・絵:ケラスコエット
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2018年02月
ISBN:9784265851195
評価スコア 4.17
評価ランキング 21,667
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 思いやりの心

    いじめられた子をみんなで守るなんて素晴らしいことです。
    転校生でなかなか友だちのなかに入っていけないヴァネッサを、嫌がらせから守った女の子の勇気の物語です。
    でも、どうして男の子がヴァネッサに嫌なことを言ったのかは推測するしかありません。
    後書きの「読者のみなさんへ」で語られている事と、絵で語られていることにちょっと違和感も覚えました。文字のない絵本で、短絡的に説明するのは難しいかも。
    いろんなことの考えられる絵本です。

    投稿日:2019/10/08

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / そらいろのたね / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


【連載】最終回 廣嶋玲子さんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット