貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ニャンコどこいった?」 じいじ・ばあばの声

ニャンコどこいった? 作・絵:よこただいすけ
出版社:少年写真新聞社
本体価格:\1,400+税
発行日:2018年06月
ISBN:9784879816399
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,702
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • あるある☆

    • ランコタママさん
    • 60代
    • じいじ・ばあば
    • 岩手県
    • 男の子11歳、女の子10歳、男の子10歳、女の子8歳

    我が家の二匹の猫と重なりました。
    普段は私たち夫婦二人とのんびり気ままに暮らしています。
    ところが、孫達が来ると、それはもう大変!
    とりあえず怒る。逃げる。つかまる。なでられるとおなかを見せて服従のポーズ。
    でも、隙あらば逃げる!
    おやつをちらつかせられると、おそるおそる近づき、おやつはゲット。
    ちびっ子怪獣たちが帰った後はぐったり。のんびり。

    孫達もそれぞれ、オカメインコやデグーを飼っていますから、猫との違いもわかり、世話をしなれているので、お手伝いもしてくれます。
    テレビコマーシャルのように大型犬と子供が一緒に育つのが好きでした。
    でも、犬だけではありませんね。
    猫も鳥もネズミも、人がてをかけると応えてくれます。
    ニャンコもニャートンプーもいっぱい遊んで大きくなあ〜れ。
    いっぱい知恵を出して、いっぱいけんかして大きくなあ〜れ。
    そう思わせてくれる、思わず笑ってしまう、そんな一冊でした。

    掲載日:2018/07/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ニャンコの気持ちわかります

    4月に娘が第2子出産のため2歳半の上の男の子を連れて帰省しておりました。ばあばである私にとって、上の子はまさに、怪獣です。おとなしくしていたかと思うと急に暴れ出す、日本語が通じない、と大変でした。彼にしてみれば、世の中に出てきてまだ2年。わからない事だらけですよね。そんな彼と過ごすのは毎日大変でしたが、とても楽しかったですね。よく話を聞いてみると、「なるほどね。」と感心したり、「気持ちはわかるけど、この世の中では通用しないよ。」と面白かったです。そのうち、下の子が大きくなるにつれ、今度が上の子が、下の子を怪獣と思うのでしょうね。ニャンコは上の小さなお兄ちゃん、お姉ちゃんの気持ちを代弁してますね。

    掲載日:2018/07/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • あるある こんな感じ

    全ページお試しで読ませていただきました。
    見返しに、ずらっとねこのポーズが描かれていてかわいいです。
    孫も にゃんこお兄ちゃんのところにやってきて
    にゃんこたちも、気を付けていたようです。
    ベビーベッドで一緒に寝ていることもよくあったので
    この絵本を見てにんまりしてしまいました。
    にゃんこの様子も赤ちゃんの様子も、とてもかわいいですね。
    こんな風に考えていたのかも、と楽しく読みました。

    掲載日:2018/07/10

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / くだもの / はなくそ / ちいさなあなたへ / おばけのケーキ屋さん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


「誰もが誰かの大切な人」米国で人気のシリーズ第一弾

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット