虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!

ニャンコどこいった?なかなかよいと思う みんなの声

ニャンコどこいった? 作・絵:よこただいすけ
出版社:少年写真新聞社
本体価格:\1,400+税
発行日:2018年06月
ISBN:9784879816399
評価スコア 4.52
評価ランキング 5,609
みんなの声 総数 30
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • かいじゅうの正体は、、、

     いきいきと、おおらかに描かれた絵が、たのしいなと思いました。
     ネコの目線でみると、人間の子どもって、こんなふうにみえるのかな、、、

     ニャンコとニャートンプーの、おいかけっこがほほえましいですね。
     恐竜の着ぐるみをきた「かいじゅう  ニャートンプー」、元気いっぱいでいいですね。ニャンコの表情も、おもしろいです。

     子どもはもちろん、ネコ好きの大人がみても、ほっこりする絵本ですね。あたたかい色あいがよかったです。

    投稿日:2018/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • たいへんだ たいへんだ

    • みいのさん
    • 60代
    • その他の方
    • 東京都

    猫好きの方は、きっと楽しめる絵本だと思いました。
    肉球がデザインされているベビー服や、怪獣の着ぐるみが面白かったです。
    シッポを噛まれてしまって可哀想でしたが、こうして共存できるようになっていくのですね。
    孫たちが来ている時は絶対に姿を見せない、夫の実家の飼い猫のことを思い出しました。

    投稿日:2018/07/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ニャンコの気持ちわかります

    4月に娘が第2子出産のため2歳半の上の男の子を連れて帰省しておりました。ばあばである私にとって、上の子はまさに、怪獣です。おとなしくしていたかと思うと急に暴れ出す、日本語が通じない、と大変でした。彼にしてみれば、世の中に出てきてまだ2年。わからない事だらけですよね。そんな彼と過ごすのは毎日大変でしたが、とても楽しかったですね。よく話を聞いてみると、「なるほどね。」と感心したり、「気持ちはわかるけど、この世の中では通用しないよ。」と面白かったです。そのうち、下の子が大きくなるにつれ、今度が上の子が、下の子を怪獣と思うのでしょうね。ニャンコは上の小さなお兄ちゃん、お姉ちゃんの気持ちを代弁してますね。

    投稿日:2018/07/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねこの目線。

    • まおずままさん
    • 40代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子11歳、女の子7歳

    家族の仲間入りした赤ちゃんを猫の目線で描いた絵本でしょうか。
    「ニャートンプー」だって…。
    ちょっと用心しながら、少しずつ近寄って、ドキドキしたり、安心したりしながら、ちょっとずつ距離を詰めていくにゃんこと赤ちゃん。

    このまま仲良しになるのかな?と思いきや、ある日やっぱり!?

    ほっこりしながら読みました。にゃんこの気持ちが伝わってきます。

    投稿日:2018/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 猫の気持ち・・・

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    猫がねこの視点から赤ちゃんを観察するお話です。
    なるほど、猫目線になると、こうなるんですかと納得です。

    猫って、人の様子をうかがうところがあるので、本当にこんなことを思いながら、暮らしているのでしょうか。
    猫がびくびくしている感じがかわいいです。

    しかし、赤ちゃんは、猫じゃなくても母親でも未知の生物ですよね。
    猫と赤ちゃんという組み合わせ、面白く読みました。



    投稿日:2018/07/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    全ページためしよみで読みました。

    猫のお家に赤ちゃんがやってきたお話し。
    赤ちゃんがあまり動けないうちは良かったけれど、よく動ける様になったら、形勢逆転!!

    昔、おばあちゃんの家で飼っていた猫の事を思い出しました。
    小さな子供が来ると、途端に姿を消していたなー。

    微笑ましいお話しでした。

    投稿日:2018/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねこ飼いあるある的な 受賞レビュー

    • ぐるさん
    • 40代
    • その他の方
    • 愛媛県

    ねこ好きの息子と読みました。
    大ウケ〜!
    ねこって、こんなふうに考えてるんだぁ。
    こんな行動するよね、って。
    ニャートンプーは幼いころの息子そっくり。
    いろいろな意味で楽しめました。

    動物がいると子育てが楽になるような気がします。
    癒されるだけでなく、動物との関係で子どもが社会性を学んでくれるから。
    優しさや、思いやり、待つこと、期待にこたえること。
    ねこと一緒の育児、お勧めしたいデス。

    投稿日:2018/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ネコ目線

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子7歳、女の子5歳、女の子1歳

    全ページ試し読みで読みました。
    ネコちゃん目線でのお話。
    ネコちゃんから見た人間のあかちゃんは「かわいい」ってものではないんですね。でもたしかにいつ暴れるかを警戒したり、かいじゅうみたいなあつかいをネコちゃんがするのもわかるかも(笑)。
    なんだかんだで面倒見てくれていていいですよね。
    きっとあかちゃんのいい友達・家族となってくれるのでは。

    投稿日:2018/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ニャートンプー

    動物のいる家に、赤ちゃんがやってくるときの
    動物の気持ちというのがすごくわかる絵本でした。
    ネコ目線の絵本です。
    ニャートンプーというネーミングが唐突で
    最初ついていけない感じもしました。
    最初の数ページで何か月か経過して
    赤ちゃんが成長していくというのが
    ちょっと大人っぽい展開で、
    こどもに読むときには説明してあげる必要があるかもしれません。

    投稿日:2018/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ペットと赤ちゃん

    生まれたときから家に動物がいたら…兄弟のように姉妹のように親友のように、育つのですよね。
    ペットの方も、同じように感じているように思うときがあります。

    この絵本はそんな関係をユーモラスに描かれています。
    家にペットがいる人にもいない人にも、おすすめです。

    投稿日:2018/06/28

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / つきよのかいじゅう / ぼくと おおはしくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



おやすみ前にぴったりの絵本!本をなでたり、ゆらしたり♪

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.52)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット