宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ニャンコどこいった?自信を持っておすすめしたい みんなの声

ニャンコどこいった? 作・絵:よこただいすけ
出版社:少年写真新聞社
本体価格:\1,400+税
発行日:2018年06月
ISBN:9784879816399
評価スコア 4.52
評価ランキング 5,660
みんなの声 総数 30
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 当時に出会いたかった絵本。 受賞レビュー

    我が家の娘はもう8歳ですが,赤ちゃんから2歳くらいまでは,やっぱり小さい子ならではの気ままさやイヤイヤで手もかかり親も心身ともに疲労していた記憶があります(笑)。
    今振り返れば懐かしく愛おしい良い思い出なのですが,当時ははじめての育児に必死で大変だったな〜と。
    この絵本を読んで,当時にこの絵本と出会えていたら,このニャンコのような心持ちでもっとユーモアを感じながら育児をできていたかもな〜と思いました。
    ぜひ,赤ちゃんのいるお疲れ気味のママさん達に読んでほしい絵本に思いました!

    投稿日:2018/07/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絶妙な距離感のふたり

    はじめはネコの視点、後半は赤ちゃんの視点でせりふがかかれている絵本です。
    絶妙な距離感で、かかわりあっている2人がかわいい。
    動物と人間の赤ちゃんと言うよりも、きょうだいのように感じました。
    猫好きな大人にもお勧めしたい絵本です。

    投稿日:2018/08/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねこって

    あるんです。
    こういうのは よくね

    赤ちゃんにはかなわないというか
    ぜったい、敵にならない


    ひげを引っ張られようが
    耳をちぎられようが
    毛をむしられようが
    ひたすら我慢

    耐えてる・・・
     日頃のワンマンぶりが嘘のよう

    優しさいっぱいの姿に感動します。

    読んでで
    涙が出ちゃいます

    投稿日:2018/07/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気になる存在

    猫と赤ちゃんとの楽しい日常の一コマを描いた絵本です。

    初めて赤ちゃんを見た猫は、赤ちゃんを怪獣「ニャートンプー」と名付けます。
    最初はおとなしそうに見えた赤ちゃんが、突然反撃に出たのにビックリ!

    更にこの赤ちゃん、なかなかのやんちゃぶり。
    ご飯をワナに猫をつかまえるところは、つい笑っちゃいました。
    追いかけたり、隠れたり、でもお互いに気になる存在なのですよね(^^)

    挿絵もとても可愛らしく、表紙見返しの沢山の猫のしぐさとか表情とか、猫好きにはたまらない!

    思わずニンマリしてしまう可愛い絵本です。

    投稿日:2018/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • どちらもかわいい

    主人公の飼い猫の前に突然現れた新しい同居人、かいじゅう「にゃんとぷー」。その正体はあかちゃんなのですが、なるほど、ねこにとっては人間の赤ん坊はかいじゅうにしか見えないのかもしれません。
    どんどん成長していって、行動は予測不能。捕まったら最後、容赦のない「かわいがり」がまっているのですから。
    それでも、傍から見ている分にはとても微笑ましくかわいらしい光景に違いありません。私も読んでいてニヤニヤが止まりませんでした。
    猫好きにはたまらない一冊です。

    投稿日:2018/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実は似てるんじゃ… 受賞レビュー

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    猫の目線で赤ちゃんをみて描かれたお話、面白いですね。
    乳幼児というのは母親にとって天使のようでいて、ときに手のつけられない怪獣に変身してしまう不思議な生き物です。どうやら猫にとっても謎の怪獣なんですね、赤ちゃんって。
    私も自分が小さいときにうちに猫がいて、機嫌よくなでさせえてもらえる時もあれば、なぜかひっかかれたりすることもありました。私にとって猫は、かわいくてかわいくないよく分からない生き物でした。もしかしたら、その当時猫も、私のことを同じように思っていたのかもしれませんね。
    なんだかんだで似た者同士な猫と赤ちゃん、そのうちきっと大切な友達となれるんじゃないかな。

    投稿日:2018/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 二人の関係にニヤニヤがとまらない

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、男の子3歳

    ねこと赤ちゃんの暮らしが、ねこ目線でユニークに描かれています。
    いきなり家にやってきた赤ちゃんは、ねこにとっては不思議でならない存在ですよね。急に泣きわめくし、きっと恐れているはず。そして泣き声に慣れたころ、もぞもぞ動き出し、歩き出したころには、しっぽをつかむ脅威の存在へ・・・(笑)。
    息子を連れて帰省したときの、実家のねこの反応を思い出しながら、にやにやしてしまいました。一番好きな場面は、ソファーに隠れたねこが赤ちゃんに見つかった時の場面です。構図もセリフも最高です。
    ねこ好きさんもそうでない方も、ほっこりできる絵本です。

    投稿日:2018/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 猫の気持ちがよくわかる!

    この本を読んでいるとうちの上の子が生まれたて私が家に戻ったときから、うちの猫が急に赤ちゃんがやってきた事で私が構ってあげられなくなったせいかすごく赤ちゃんに対して嫉妬をしている様子を見せていたのを思い出しました。

    本当に赤ちゃんが生まれて家に戻ってくると、赤ちゃんは泣いたりするので相当家の中もうるさくなってしまうのですが、この本はまさにその様子を描いた感じになっていて、「うちと同じだ!」と思ってしまいました。

    今は下の子がまだ赤ちゃんなのですが、猫はいつも赤ちゃんをじっとみたり、赤ちゃんに向かってたまを取ろうとしているような格好をして、赤ちゃんを引っ掻いてしまったりしているので私もヒヤヒヤドキドキの毎日を送っています。猫が赤ちゃんの様子を見ている姿も、この絵本のニャンコと同じような感じで、これはまさに我が家の猫かも。と思ってしまいました。

    赤ちゃんは次第に大きくなって行って、そのうちこの絵本のニャンコのように、猫よりも大きくなってしまうし、色々と猫に対しても面白がって近づくようにもなるだろうし、何よりも本当に家の中がめちゃくちゃになってしまったりすると思うのですが、この絵本の中にはそんな光景が全て描かれているので、今の猫と赤ちゃんの様子と、これからの猫と赤ちゃんの様子が上手い具合に描かれているな、って思いました。

    色々とこれからのうちの猫と赤ちゃんの様子が楽しみになる、そんな楽しい絵本だと思いました。

    なので、赤ちゃんが居て猫を飼っている人はもちろん、猫が好きな人にはもってこいの1冊だと思います。

    投稿日:2018/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • あるある☆

    • ランコタママさん
    • 60代
    • じいじ・ばあば
    • 岩手県
    • 男の子11歳、女の子10歳、男の子10歳、女の子8歳

    我が家の二匹の猫と重なりました。
    普段は私たち夫婦二人とのんびり気ままに暮らしています。
    ところが、孫達が来ると、それはもう大変!
    とりあえず怒る。逃げる。つかまる。なでられるとおなかを見せて服従のポーズ。
    でも、隙あらば逃げる!
    おやつをちらつかせられると、おそるおそる近づき、おやつはゲット。
    ちびっ子怪獣たちが帰った後はぐったり。のんびり。

    孫達もそれぞれ、オカメインコやデグーを飼っていますから、猫との違いもわかり、世話をしなれているので、お手伝いもしてくれます。
    テレビコマーシャルのように大型犬と子供が一緒に育つのが好きでした。
    でも、犬だけではありませんね。
    猫も鳥もネズミも、人がてをかけると応えてくれます。
    ニャンコもニャートンプーもいっぱい遊んで大きくなあ〜れ。
    いっぱい知恵を出して、いっぱいけんかして大きくなあ〜れ。
    そう思わせてくれる、思わず笑ってしまう、そんな一冊でした。

    投稿日:2018/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほど!

    猫のいる家にやってきた赤ちゃん。猫VS赤ちゃんを猫目線でえがいたのがおもしろくて! なるほど、ありそうだなあ、と笑ってしまいました。
    ねこや赤ちゃんの表情がゆたかに描かれた絵はかわいくユーモアたっぷり。猫のいる家に赤ちゃんが生まれた時にプレゼントしてみたいと思います。

    投稿日:2018/07/17

    参考になりました
    感謝
    0

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / つきよのかいじゅう / ぼくと おおはしくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



とっておきの場所をとられちゃったククー、さあどうする…?!

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.52)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット