おおきなうみと ちいさなマーヴィー おおきなうみと ちいさなマーヴィー
作・絵: H@L  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
海の世界で未来を夢みるくじらのマーヴィー!絵本いっぱいに広がる青が、夏にぴったりな1冊です!

おめでとうのさくらまんじゅう」 ママの声

おめでとうのさくらまんじゅう 作:西本 鶏介
絵:野須 あき
出版社:絵本塾出版
本体価格:\1,400+税
発行日:2018年01月
ISBN:9784864841245
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,304
みんなの声 総数 5
「おめでとうのさくらまんじゅう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 心温かくなる

    タイトルだけを見ていると、ほっこりとしそうなお話なのですが・・・

    入学した小学1年の子供達に贈られるさくらまんじゅう。
    子供達も保護者も、きっと伝統的な行事として受け止め、幸せな気持ちになっていることでしょう。
    けれどその始まりを知ると、とても切なくなりました。

    それでも子供達の成長の喜びを祝い、さくらまんじゅうを作り続けるおじいさんの気持ちを考えると、乗り越えた人は温かいなぁと感じました。

    投稿日:2020/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 切なく温かく優しい絵本。

    しょうきちじいさんの悲しい出来事には、同じ親として胸が痛みました。
    小学新1年生のために年に1度だけ作るさくらまんじゅう。
    子供の健やかな成長と幸せな未来を想い作っているのでしょうか。
    もしかしたら、息子さんが新1年生になった頃を思い出していたりしているのでしょうか。
    ご本人にしかわからない色々な想いがおありでしょが、とても温かく優しさを感じられる絵本でもあります。
    と共に、悲しい出来事がなくなりますようにと願います。

    投稿日:2019/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 卒業記念の桜の木

    これは実話なのでしょうか。
    桜の季節に、そっと読んであげたいエピソードです。
    60年前、卒業記念に校庭に植えられた桜の木。
    植えた本人である、しょうきちさんが、校門前の和菓子屋を受け継ぎ、
    桜の木を見守るのですね。
    しょうきちさんの息子、たいちさんの入学記念で作ったさくらまんじゅうでしたが、
    そのたいちさんを病気で亡くして傷心。
    でも、新入生にそのさくらまんじゅうをプレゼントしようと思いつくのですね。
    和菓子は、その繊細な工程に、いろいろな思いが込められていることが多く、
    それだけに、心に沁みます。
    さくらまんじゅうがいい供養になっているような気がします。
    和菓子に込められた思いに、合掌です。

    投稿日:2018/03/26

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット