虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

フレデリック」 せんせいの声

フレデリック 作・絵:レオ・レオニ
訳:谷川 俊太郎
出版社:好学社 好学社の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
発行日:1969年
ISBN:9784769020028
評価スコア 4.45
評価ランキング 8,513
みんなの声 総数 105
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 素敵な絵本

    • かっぴーさん
    • 30代
    • せんせい
    • 埼玉県
    • 女の子3歳

    とても感銘を受けた本です。他人と違っていることをすることで、はじかれたり、怒られたりすることってありますよね。でも、フレデリックはそれを恐れず、いずれみんなの役に立つために、自分を貫く姿勢に胸うたれました・・・。保育をしていて、子どもたちの考えもいろいろです。十人十色の考えを、先生がいかに受け入れられるかにかかっていると思います。子どもを伸ばすカギになると思います。そういった意味では、この絵本は、育児や教育に参考になる素敵な絵本だと思います。フレデリックのような一見ちがうアイデアにも耳を傾けていきたいものです。

    投稿日:2007/08/09

    参考になりました
    感謝
    2
  •  小学4年生の児童に読み聞かせをしました。
     「なんで働かないんだろう。」、「もしかしてアリとキリギリスみたいになるんじゃないか。」といろいろ想像を膨らませながら絵本の世界に入っていました。
     結末をみた子どもたちは、「なるほど。」と関心した様子でした。食べ物も大切だけど何にもないまま過ごすのはつまらない。変わってるけどすごいねずみ。と感想も様々でした。
     自分とは違うものを嫌いになったり、仲間外れにしてしまったり、心の変化が大きい年頃の子どもたちには違いを認め考えるきっかけにもなったと思います。
     なにより、愛らいいねずみたちの表情にレオ・レオニのファンになった子どもたちもおおいです。

    投稿日:2011/11/28

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ともだちや / すてきな三にんぐみ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット