新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • かわいい
  • 盛り上がる

もぐらはすごい」 パパの声

もぐらはすごい 作:アヤ井 アキコ
監修:川田 伸一郎
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
税込価格:\1,650
発行日:2018年05月18日
ISBN:9784752008378
評価スコア 4.64
評価ランキング 3,279
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • もぐらを漢字で書くと土竜

     今年(2019年)の青少年読書感想文全国コンクールの「課題図書」で「小学校低学年の部」の一冊になっている科学絵本です。
     絵本の対象になっているのはもぐら。
     都会ではなかなか土のあるところを見かけることが少なくなってきましたから、もぐらといわれても見たことがない(もっともほとんど土の中で生きている動物ですから実物を見た人は少ないでしょうが)子供たちは多いと思います。
     そもそももぐらが住んでいるのは、森や林、畑に田んぼ、公園、学校の中庭などの地面の下ですから、その姿を見ることはほとんどないですが、こういうところで時たま「もぐらづか」を見かけることがあります。
     「もぐらづか」というのはもぐらが土の中で掘ったものを地面に押し出した時にできるぽっこりで、上から踏むと中が空洞になっていますから沈みこみます。
     その「もぐらづか」の周辺にはもぐらが土の中を走り回った痕跡を見ることもあります。

     見ることができない動物ですから、その生態を考える時、想像する力が必要となります。
     この絵本に描かれているもぐらを自分の頭の中で動かしてみること、もしかしたらもぐらになってみること(もちろん想像ですよ)も必要かもしれません。
     この絵本では、もぐらがどんなふうに餌となるミミズをとったり、地中のすみかの様子や生きるためのさまざまな苦労などが描かれているので、もぐらになる(もちろん想像です)のは簡単です。

     この科学絵本を読んで子供たちがどんな感想文を書くのか読んでみたくなります。

    投稿日:2019/08/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • もぐらの正体

    もぐらの名前は知っているけれど、その実態については全くと言っていいほど解っていない地下の動物でした。
    この本で解説されている実態に、ただただ驚きの一言。
    本当にもぐらってすごい生き物だと思います。
    たくましい生き物だと知りました。

    投稿日:2018/07/20

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / くだもの / たべものやさん しりとりたいかい かいさいします / じゃない!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット