まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ロシアのむかしばなし 七人のシメオン 」 ママの声

ロシアのむかしばなし 七人のシメオン 文:田中友子
絵:大畑 いくの
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2018年06月01日
ISBN:9784776408611
評価スコア 4
評価ランキング 22,677
みんなの声 総数 4
「ロシアのむかしばなし 七人のシメオン 」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 不思議な笛

    ロシアの昔話だそうです。
    王様が、働き者の七人兄弟と出会っての騒動です。
    この兄弟、みんなそっくりで、名前も同じシメオン。
    ただ、特技が違うのですね。
    この特技がなかなか昔話らしいです。
    そして、王道よろしく、末っ子が曲者なんですね。
    彼の特技が笛吹き。
    不思議な笛の音色が感じられます。
    もちろん、悪を見抜く爽快さはたまりません。
    異国の姫のエピソードも、エキゾチック。
    ぼんやりとした絵は、ファンタジーっぽく、昔話空間を盛り立ててくれています。
    豪快なストーリーですが、愉快です。
    小学生くらいからでしょうか。

    投稿日:2018/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • バイキングがフェロー諸島に入植した頃の話

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子23歳、女の子18歳

    この物語ではなんと兄弟全員が「シメオン」という名前でした。
    海外では結構よくあることなのかもしれませんが、こういう人たちって、普段はどう呼び合ってるのかな。
    あだ名で呼ぶにしても、それじゃ、本名の意味ってあまりないな。とか、思ってしまうのは、日本人だからでしょうか。
    幸いこの7人には秘儀があり、物語では○○が出来る「シメオン」と、書いてあったので、すぐ見分けがつきました(ちなみに、この兄弟は見た目もそっくりだそうです)

    大島いくのさんの描く、如何にもロシアっぽい服装の兄弟たちが素敵でした。

    「王様に無理難題を言われる」
    「最終的に主人公(根幹の昔話では一番下の弟のシメオン)が頑張って、ヒロインとカップルになる」
    割とよくあるパターンです。
    「えーっ!?」と、思うところは昔話のパワーで無視して、こういうお話は「変なの〜」って、笑いながら楽しめればいいんです。
    兄弟の作った船を見ると、昔、ヨーロッパ(スカンジナビア半島やバルト海などで)活躍した海賊=バイキングを思い起こすような形をしています。

    さらに、兄弟の2番目のシメオンが見た海の向こうの風景は、ヨーロッパのフェロー諸島ではないかしら?と、思いました。
    この昔話には、バイキングたちがフェロー諸島に入植したころのヨーロッパの歴史が描かれているかもしれません。
    この絵本を読んで、ロシアの昔話や、ヨーロッパの歴史に興味を持つお子さんたちが出てきたら素敵だなと、思いました。

    投稿日:2018/08/26

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット