話題
バムとケロのカレンダー2021

バムとケロのカレンダー2021(文溪堂)

今年もバムとケロのカレンダーが出来ました!

新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ

とおかおくれのぼんおどり自信を持っておすすめしたい みんなの声

とおかおくれのぼんおどり 作:今関 信子
絵:おぼ まこと
出版社:朔北社
本体価格:\1,600+税
発行日:2005年
ISBN:9784860850302
評価スコア 4.25
評価ランキング 18,550
みんなの声 総数 3
「とおかおくれのぼんおどり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 友情

    このお話は、築地に住んでいる男の子とそこに引っ越してきた男の子の友情のお話でした。二人は盆踊りに一緒に出る約束をしていたのですが、また男の子は引っ越しをすることに・・・。でも、二人の友情は本物で、また男の子は戻ってきて遅れて二人だけの盆踊り!とっても嬉しそうな二匹が素敵でした。

    投稿日:2014/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 残って欲しい下町がありました

    大都会のビル群に埋もれていく佃島界隈。
    親子代々漁師家族だったたつやと、転勤族のこどものゆたかの出会いと、佃島に残るユニークな盆踊りと人情味。
    佃島盆踊りのことを調べていたら、この絵本の深みがじんわりと伝わってきました。
    大都会に包まれながら残されている伝承が失いたくないものを象徴しています。
    3日間の最後の7月15日は仮装踊り、来年は訪れてみようと思います。
    子どもたちにも大切にしてほしい、昔がいっぱいです。

    投稿日:2010/10/12

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】第4回『かみさまのベビーシッター』 幸介くん&ボンテン様インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット