話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

季節
ゆき ふふふ

ゆき ふふふ(くもん出版)

真っ白な美しい世界を体で感じ、おもいっきり雪あそびをしたくなる絵本です。

  • かわいい
  • 全ページ
  • ためしよみ

ちいさなエリオット おおきなまちで」 その他の方の声

ちいさなエリオット おおきなまちで 作:マイク・クラトウ
訳:福本 友美子
出版社:マイクロマガジン社
税込価格:\1,870
発行日:2018年07月14日
ISBN:9784896377613
評価スコア 4.51
評価ランキング 6,997
みんなの声 総数 46
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 最高のパートナー

    • ハニーさん
    • 50代
    • その他の方
    • 東京都

    小さな身体で、いろいろな事をするのは、何かと不便です。でも同じ境遇の友だちと協力してすることは、とても素敵な事だと思います。エリオットとねずみくんは、これからも最高で素晴らしいパートナーになっていくと感じています。

    投稿日:2018/08/08

    参考になりました
    感謝
    2
  • ちいさな 水玉のゾウは ひとりぽっちです
    どうして 大きな町にひとりぽっちで 生活しているのかな〜?

    ここが疑問です   大きな家の中で 生活して いるのが淋しそうで かわいそうになりました

    それなりに 楽しみがあります   カップケーキが好きなんです
    買いに行きましたが  小さくて お店の人に見つけてもらえません
    小さな女の子が エリオットのこと見ていたのですが・・声かけてあげられなかったのが よけいに淋しく思えました

    でも 小さなねずみくんと 友達になれたのです
    お互いに助け合える 友達に!

    なんだか 嬉しく思えました 
    エリオットよかったね!

    投稿日:2018/09/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • まるで映画を見ているよう

    表紙のイラストに興味をひかれて読みました。
    とてもきれいなイラストと世界観で、まるで映画を見ているようです。
    ページをめくるごとに心地よく、文字が少なめなので読みやすいです。
    すこし大人っぽく、読むととても優しい気持ちになれる絵本です。

    投稿日:2018/08/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 協力

    • みいのさん
    • 60代
    • その他の方
    • 東京都

    タイトルの「おおきなまちで」の街は1940年代のニューヨークがモチーフとのことで、クラシックな自動車や、冷蔵庫、高層ビル、人々の描写が、おしゃれで生き生きしている印象です。
    そして、その時代、戦時中から戦後という大変な状況だった日本の姿も、少し想像しました。
    ストーリーは、協力して助け合っていくことの良さが、ストレートにわかりやすく伝わり、ほのぼのしました。
    シリーズ物ということなので、エリオットの成長が楽しみです。

    投稿日:2018/08/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 手に入れたものは

    • ぐるさん
    • 40代
    • その他の方
    • 愛媛県

    この作者を知らなかったので、あまり期待せずに本を開きました。
    ところが、小さなゾウさんの、なんて可愛らしいこと。
    すっかり魅了されてしまいました。
    町の何もかもがエリオットにとっては大きいので、不便を感じつつも工夫して生活している様子。
    誰にも気づかれなくても、出かけたり買い物にチャレンジしている様子。
    そしてねずみに出会って、彼の役に立つことで自分をとても大きな存在に感じることができた様子!
    勇気をもらいました!!
    そして、カップケーキと一緒に手に入れたもの…。
    ひとつだけじゃなくて、たくさんあるんじゃないかな。

    文章が少なくてシンプルなので、読む人によって様々なとらえ方ができそうです。
    絵も美しいので、見て楽しむのにもよさそう。
    大人向けのお話会で読もうと思います。
    シリーズの他の本も楽しみです。

    投稿日:2018/08/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 続きが読みたい!

    写実的な背景のなかで、水玉のゾウという、なんともかわいらしい主人公に目が釘付けになりました。魅力あふれる絵がとっても素敵です!
    エリオットがねずみと出会い、二人になったことで、エリオットの世界がちょっとずつひろがっていく様子に心があたたまります。シリーズ第一弾ということなので、続きが楽しみです。
    エリオットがあまりにかわいくて、グッズを作って欲しいなあと思いました。

    投稿日:2018/08/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 心が満たされます

    ほのぼのとしていて温かくて、読んだ後に心がみたされていく感じ。なんか久しぶりだな。
    小さなゾウのエリオット。大きな町で、誰にも気がついてもらえなくて。大好きなカップケーキも買えなくて…。
    辛かっただろうなー。人がいっぱいいるのに、ひとりぼっちって感じてしまう時は、誰にだってあるのかな?あの、とっても孤独で寂しくて泣きたくなるような気持ち。わかるから、泣けてきてしまう。
    だからこそ、小さなネズミさんに出会ったとき。ネズミさんの役に立った時。カップケーキを買えた時。それから…。
    少しづつ少しづつ気持ちが晴れて喜びで満たされていくのがわかって、また泣けてしまう。
    君をまっている人がいるよ。前を向いて幸せを見つけに行こう!
    そんなメッセージを、届けることができたらいいな。今、ちょっぴり自信をなくしてしまっているあの子に。寂しくて泣いているかもしれない子どもたちに。
    素敵な絵本は教えてくれる。世界は広いこと。優しさで溢れていること…。
    多くの子どもたちに届けたい、素敵な一冊。

    投稿日:2018/08/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 思いやりの心を

    とても小さくて、タクシーも拾えなくて、水たまりの水が掛かってしまうシーンなど、誰にも気がついてもらえない寂しさや悲しみが伝わってくる絵本でした。
    でも、小さな宝物や、小さなお花を愛しむ姿に、そして小さなお友だちに出会えたシーンに心が温まりました。
    思いやりの心を学べる一冊だと思います。

    投稿日:2018/07/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 綺麗な絵

    • ミャーさん
    • 70代以上
    • その他の方
    • 香川県

    親子で話ながら読むといいなと思いました。
    町の中に水玉の小さなゾウが済んでいる…という点で、現実と違う不思議な世界へ連れて行ってくれます。
    後半、小さなねずみくんがカップケーキを手に入れてくれることは想像できましたが、微笑ましい方法で良かったです。

    投稿日:2018/07/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • とても可愛らしい絵で、子供たちにも喜ばれそうです。

    それに、主人公のエリオットくん。実はゾウなのに小さいのです。
    大都会で暮らすのには小さすぎて苦労が絶えないません。

    大好きなカップケーキですら、レジのテーブルまで届かないために気がついてもらえずに買えないのです。

    がっかりして、とぼとぼと歩く姿。かわいそうで、ハグしてあげたくなります。

    そこで、出会ったのは、自分よりも、もっともっと小さくて苦労しているネズミ。
    ふたりはお互いに協力し合って友だちになります。

    ふたりのこれからの暮らしが楽しくなりそうな、希望に満ちた絵本です。

    言葉は少ないけれど、とても可愛い主人公に、ノスタルジックな街や人々の絵で
    ぐっと作品の世界に引き込まれました。

    投稿日:2018/07/19

    参考になりました
    感謝
    1

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / よるくま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆきだるまの クリスマス!
    ゆきだるまの クリスマス!
    作:キャラリン・ビーナー 絵:マーク・ビーナー 訳:せな あいこ 出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
    絵の中にネコやサンタ、いろんなものが隠れているよ!探してみてね!


2022年1月の新刊&おすすめ絵本

みんなの声(46人)

絵本の評価(4.51)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット