せかいかえるかいぎ せかいかえるかいぎ
作: 近藤 薫美子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
せかいかえるかいぎが あるらしい──。こんなうわさが、かえるたちの間に広まって、世界中のかえるたちが大集合します!

この計画はひみつです」 じいじ・ばあばの声

この計画はひみつです 文:ジョナ・ウィンター
絵:ジャネット・ウィンター
訳:さくま ゆみこ
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2018年06月
ISBN:9784790253563
評価スコア 4.13
評価ランキング 22,178
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 恐ろしい計画が秘密裏に行われていたのですね。
    学校でもたしかに原爆投下で戦争が早く終わったと教わりました。
    ガシェット参加された科学者はほんとうの科学者だったのでしょうか?
    名前を変えたりすること自体、少し変だなと感じてしまいます。
    そうしたむかしのことをきちんと整理してこれからどうしていくべきなのかを問う絵本だと感じました。
    子ども、大人に関係なく真剣に向き合うべき大切な課題ですね。

    投稿日:2019/02/01

    参考になりました
    感謝
    3
  • 考えさせられる本です

    何やら不穏な空気を感じさせる始まり。
    でも、厳重に厳重に守られるひみつの計画。でも、最後は楽しいひみつがあらわになって終わるんだろうなと思っていましたが、そうはなりませんでした。
    読み進めるうちに、ひみつの計画ってあれのことかと思い至り、そしてあとがきを読んで、これが実際に行われたことをもとに書かれたと知ってびっくり。
    アメリカに住む方によってこの本が書かれたことの意義は大きいのではないのでしょうか。
    子どもにとって難しい内容の本だと思いますが、世界中の子に読んで欲しいです。
    読む子の年齢によって感じること、考えること、理解できることは違ってくるでしょうが、子どものうちから核について考えて、話あえるきっかけを作ってくれる本だと思います。

    投稿日:2019/01/31

    参考になりました
    感謝
    1

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…


パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.13)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット