新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

この計画はひみつですなかなかよいと思う みんなの声

この計画はひみつです 文:ジョナ・ウィンター
絵:ジャネット・ウィンター
訳:さくま ゆみこ
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
税込価格:\1,650
発行日:2018年06月
ISBN:9784790253563
評価スコア 4.19
評価ランキング 23,132
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 考えさせられる本です

    何やら不穏な空気を感じさせる始まり。
    でも、厳重に厳重に守られるひみつの計画。でも、最後は楽しいひみつがあらわになって終わるんだろうなと思っていましたが、そうはなりませんでした。
    読み進めるうちに、ひみつの計画ってあれのことかと思い至り、そしてあとがきを読んで、これが実際に行われたことをもとに書かれたと知ってびっくり。
    アメリカに住む方によってこの本が書かれたことの意義は大きいのではないのでしょうか。
    子どもにとって難しい内容の本だと思いますが、世界中の子に読んで欲しいです。
    読む子の年齢によって感じること、考えること、理解できることは違ってくるでしょうが、子どものうちから核について考えて、話あえるきっかけを作ってくれる本だと思います。

    投稿日:2019/01/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 核について

    考えれば当たり前なのかもしれませんが


    アメリカにも核実験の被害者がいたのだと、


    この本で知りました。


    たんたんとした子供向けの絵本ですが、


    核の作られていった様子、


    最後の核実験で終わるこのシンプルな絵本は



    心に響くものがありました。



    核は多くの犠牲を出します。


    核が世界から無くなること、


    そして、そもそも核だけでなく、


    人々が殺しあう戦争が存在しない



    平和な世界になって欲しいと


    子供たちのためにも


    改めて思いました。

    投稿日:2019/01/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 平和を考える日に

    何かでお薦めがあり
    リクエストしていた絵本で
    8月5日にたまたま読みました
    翌日は、広島に原爆が投下された日です
    で、今日は、9日、長崎に投下された日です
    今、また読み返しています

    作ったから、使いたい

    私自身も戦争を知らない世代です
    そんな感覚で作られた物ーとは
    考えたことがありませんでした
    第2次世界大戦を終わらせるためーと
    教えられたような遠い記憶です

    親子で作られたこの作品
    画面の一部の絵と
    文章は短いながら
    緊張感ある文章です

    「秘密」という言葉は
    ワクワクする一方で不安にも感じることがあります
    まさに、この作品は、後者です

    画面いっぱいに
    赤いキノコ雲が衝撃的です
    その後の真っ暗の画面が続くのも

    普通に
    何も知らされずに
    普通の生活を送っていた人達は、動物達は
    どうなったんでしょう

    改めて思うのは
    原爆は日本の広島、長崎にしか落とされていないということ
    でも、その他にも
    実験地とされた場所もあったということ

    科学の進歩?と破壊について
    人間の営みって何なんだろう?
    と、考えさせられます

    著者、訳者のあとがきには
    ルビがふってあります
    是非、読んでいただきたいです
    機会をとらえて
    小学高学年から
    大人も一緒に読むことをお薦めします

    投稿日:2018/08/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • ぜひ後書きまで読んでください。

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子23歳、女の子18歳

    とても凝った表紙の作りだと思いました。
    最初は謎めいていて、ドキドキしながらページをめくりましたが、結果としてあまりうれしい謎ではありませんでした。
    個人的に好みではありませんが、作品としての仕上がりはよいと思います。

    作者の後書きのページは、この本を作った想いが書いてあるので、この本を手にした子どもたちはぜひ、ここまで読んでほしいです。
    そして、原爆を作った側、落とした国の側にもこういう思いを持った人たちがいることを知ってほしいです。
    小学校の高学年くらいから、中学生・高校生のお子さんたちに。
    読み聞かせに使うなら、一学期の終わりころをお薦めします。

    投稿日:2018/08/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 知らなかったこと

    原爆に関する子ども向けの本は何冊か読みました。
    その多くが、原爆を落とされた広島や長崎の市井の人々の悲劇を描いたものでした。
    どれもこれも涙なしには読めず、それはもう胸が痛みました。
    原爆は絶対にいけないと強く思うものばかりでした。

    この本は、アメリカで原爆を作った科学者の話でした。
    こんなふうに作られたのだなと知ることができた。
    挿絵も文章にも、恐ろしく嫌な空気を感じます。
    知らなかったことを知れた。
    知ってよかったとは思う。

    でも、原爆は絶対いけないんだ!という気持ちになるのは、
    子どもにストレートに伝わるのは、
    やはり被害にあった人々を描いた本。
    息子には、先にそういう本を読ませたい。
    この本は、そのあとでいい。
    知識として読む本かなと思う。

    投稿日:2019/10/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ワクワクしながら読み始めましたが、

    ドキドキするタイトルで、面白い絵本なのだろうなぁとワクワクしながら読み始めましたが、予想とは全く違いました。
    極秘に開発された原爆のお話です。
    静かでまっくろな画面は、かなり恐ろしかったです。
    子供よりも大人向けかも。。。高学年の読み聞かせなどには使えるかもしれません。

    投稿日:2019/07/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み終えた後の沈黙

    タイトルを聞いた時には「秘密だって!何だろう?」とワクワクしていた子供達も、読み進めるうちに、何かただならぬ事が起きる予感がしたらしく、少し緊張した様子に変わっていきました。
    最後の真っ黒なページを見つめて絶句している子供達に、補足説明のページをかいつまんで話しました。
    胸の詰まるような悲しみが伝わってくる原爆絵本とは違って、この本は登場する人物の感情が一切描かれていないのが、尚更不気味で、恐ろしさを感じさせます。

    投稿日:2019/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不気味

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    絵本ナビで紹介されていたので読んでみました。

    う〜ん、小さい子にはわかりにくいかもしれません。

    でも、世の中って案外こんな風に
    秘密裏でいろいろ計画されて
    いいことも悪いことも行われているんですよね。
    原爆という恐ろしいものも科学者からしたら
    未知のものを研究する面白いものなのかも
    と感じさせられ、不気味でした。

    小学校高学年の子とかは
    この話の怖さがわかるかもしれませんね。

    投稿日:2019/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • あの話でなければと願いながら…

    いったい何を作っているのか、明かされないまま、物語は進んでいきます。私は、あの原子力爆弾のことではなければいいが…と願いながら読みすすめました。きっと、何か、人類を幸せにしてくれるとてもハッピーな発明品だと願いながら。でも、やっぱり。読後は、改めて、あの爆弾は何のために作られたのか…という、疑問でいっぱいになりました。

    投稿日:2019/02/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • タイトルが面白そう!と思い、手に取りました。

    読み進めていると、おかしいな、変だな・・・
    タイトルから感じた「面白そう!」とは違う感じ。
    そのうちウラン、プルトニウムの単語が出てきて、
    「ああ、そういう「ひみつ」だったのか」・・・と。
    わくわくしていた気持ちが消え、
    ちょうどテレビで見た被爆された方が、
    アメリカの原子力の町へ訪ねられた時の様子を思い出しました。

    大人が読めば、これが広島・長崎の原爆の話に通じるものだとすぐに分かりますが、
    ウランやプルトニウムが何の原料なのかが分からない子供には、
    最終場面で爆発が起こり、キノコ雲が出来て・・・というシーンは、
    「爆弾が割れて怖かった」というだけの感想になりそうです。

    こういうお話はさじ加減が難しいと思いますが、
    後書きにある内容を
    本編でもう少し触れてくれていると、
    より子供達に伝わるものがあるのではないかと思いました。

    投稿日:2018/08/13

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ ロシアの昔話 / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • た

     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    たがやす、たねまく、たちまちめがでた!「た」で始まる言葉だけで描く田んぼのこと、命のこと。


2022年5月の新刊&おすすめ絵本

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.19)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット