新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

おともだち たべちゃった」 みんなの声

おともだち たべちゃった 作:ハイディ・マッキノン
訳:中西 史子
出版社:潮出版社
本体価格:\1,400+税
発行日:2018年07月05日
ISBN:9784267021473
評価スコア 3.89
評価ランキング 38,025
みんなの声 総数 62
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

62件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 因果応報

    • 藤野庵さん
    • 30代
    • せんせい
    • 沖縄県

    建前として何を学ばせるためかと言われたら答えはしますが、ただ楽しんでもらえればそれでいいと思う内容です。
    キャラクターの目や口やカラフルさを分析することも出来ますが、まずは何も考えずに読んで欲しいです。

    投稿日:2018/11/27

    参考になりました
    感謝
    2
  • 後悔先に立たず

    思わず目を引くタイトル「おともだちたべちゃった」。
    何かの比喩かな?と思い、本を開きましたが、
    えっ??
    本当に食べちゃいました!!

    モンスターは、新しいともだちを探しますが見つからず、唯一のおともだちをたべてしまったことを後悔し、そして衝撃のラストを迎えます!

    読み終えた2才の娘のコメントは、
    「なんでおともだちたべちゃったのかなぁ?たべちゃだめだよねぇ」
    そうだよね。おともだちたべちゃだめだよねぇ。
    娘のあまりにまともなコメントにちょっと笑ってしまいました。

    たべちゃうのはあまりに極端な例だけれど、とりかえしのつかないことをしてしまうと、悔やんでも後戻りできないんだよと、モンスターが教えてくれているのかなと思いました。

    投稿日:2018/11/18

    参考になりました
    感謝
    2
  • 胸がざわざわ・・・気になってしまいます! 受賞レビュー

    • りのこさん
    • 40代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子11歳

     びっくりするような衝撃的なタイトルが気になって本を開くと、いきなりの「おともだちたべちゃった」宣言。
     えー!食べちゃったの?それ、ダメでしょ!本当に食べちゃったの?どんなお友達だったの?どうしてお友達を食べちゃったの?
     さまざまな疑問と闘いながらページをめくると、このモンスター、お友達がいなくなってしまったことで泣いているではありませんか。食べちゃったんだからいないのあたりまえじゃない!と非難がましいような、呆れるような思いに駆られます。
     けれど一方で、しょんぼりとしたモンスターの表情を見ていると、もしかしたら食べたら会えなくなっちゃうって知らなかったのかな?とか、もしかしたら大好きになると食べたくなってしまう、つらい定めの種族なのかしら?とかいった想像も出てきます。いいお友達で、大好きで、好きすぎて気がついたら好きが高じて食べちゃった感じなのでしょうか。
     新しいお友達がなかなかできなくて、「たったひとりのおともだちをたべちゃったのかな」というつぶやきには深い絶望と切なさを感じてしまいます。本を読んでいる自分の立ち位置が、読み始めた時の「お友達を食べるなんて、なんて非道なっ!」という非難の気持ちから、若干モンスター寄りの葛藤の気持ちに変化し始めて来ていることに驚かされます。
     そして、やっと新しいお友達が見つかりますが、嬉しそうなモンスター達の表情とは裏腹に、読んでいる側には、不穏な予感がよぎります。ページをめくるのが怖い。そして、あぁ、・・・!な展開に改めて衝撃を受けます。胸がざわざわして、でも、心に刺さるものがあって、これってなんなんだろう?と繰り返し読んでしまいます。

    投稿日:2018/12/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • ブラックジョーク

    食べられたお友達が最後に見つかるのかな。と思いながら読んでいたので、ブラックジョーク的結末にショック。
    どうしてお友達を食べてしまったのか。。。私の乏しい想像力ではどうしようもなく、作者の意図が私には伝わってきませんでした。
    こういうシュールな絵本が好きな人もいるとは思いますが、子供に積極的に読みたいと私は思いません。

    投稿日:2018/11/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 5歳と3歳に大ウケ

    • 桐里さん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、男の子3歳

    不条理な感じが幼児は大好きですよね。
    何度も読んで、ケラケラ笑っています。
    借りてきた絵本の中で一番のヒットでした。
    まだ文字の読めない3歳も、単純な繰り返しなので大体覚えて自分で読んでます。
    個人的に「おっかねーもん」の子がかわいいです。

    投稿日:2020/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • えー!?

    • ピーホーさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    ぎょろっとした目の不思議な生き物の表紙に、おともだち たべちゃったというインパクトのある題名。
    えっ?いったいどんなお話なんだろうととても気になり読んでみると、いきなり、おともだちたべちゃったから始まります。どうやら、本当のようです。。
    他のおともだちを探しに行きますが、みんなともだちになってくれません。
    やっとおともだちになってくれる子を見つけますが。。衝撃のラストがまっています!!
    可愛らしい絵とは裏腹に、こわーい展開に目が離せません!

    投稿日:2020/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供にはちょっと刺激が強すぎるかな

    気になるタイトルなので読みました。

    おともだちたべちゃった、ていう表現は何かの比喩かなと思っていたのですが、
    主人公はモンスターで、なんと本当にお友達を食べてしまったのです。

    食べてしまったから当然なのですが、
    お友達がいなくなってしまい、
    新しいお友達を探しますが、なかなかお友達になってもらえません。

    でも、最後には、ともだちになろう、と声をかけてもらい…。

    因果応報ということを伝えたい絵本なのかもしれませんが、かわいいイラストにひかれて読むと、子供には刺激が強すぎるかなと思いました。
    どちらかというと、大人向け?
    でも、私は一回でいいかなと思いました。

    投稿日:2020/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 考えさせられるね

    題名が気になってしまいました。

    やっぱり、同じくらいの相手が一番だね。
    としにあった なかまをさがすのも たいせつだなあと
    思っています。

    自分の方から働きかければ、必ず友だちができると
    思います。

    なんど読んでも わからないのはともだちを食べると
    いう表現です。
    何のことだろうかな?

    投稿日:2019/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんな意味でインパクトがある

    • はーるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    初めてこの本を読んだ時、きっと最後にはおともだちが出来るのだろうと思ってたので、予想外の展開でビックリしました!
    親としてはともだちを食べるというのは…と深く考えてしまいますが、きっと子どもはそこまで考えてません
    たべちゃった!!と勢いよく言うと爆笑します
    一応読み終えたあとは「おともだちたべちゃダメだよ?」と笑いながら伝えます
    モンスターがカラフルで表情豊かなところがなんとも愛くるしくクセになる一冊です

    投稿日:2019/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • どう解釈していいかわからない絵本でした。
    比喩ではなく、お友達を本当に食べちゃうので、怖いです。

    教訓を読み取ることもできるでしょうし、何も考えず、ブラックさを楽しめばいいような気もします。

    子供の目から見て、どう見えるのか想像がつきません。
    いきなり子供と一緒に読まず、まず大人だけで読むことをおすすめします。

    投稿日:2019/10/06

    参考になりました
    感謝
    0

62件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / よるくま / いいこってどんなこ? / うちゅうじんは いない!? / ゾウのともだち フンパーディンク

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


【連載】第4回『かみさまのベビーシッター』 幸介くん&ボンテン様インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット