新刊
ねえ、おぼえてる?

ねえ、おぼえてる?(偕成社)

国際アンデルセン賞画家賞受賞作家最新刊

  • 泣ける
  • ためしよみ

もうどう犬べぇべ」 ママの声

もうどう犬べぇべ 文:セアまり
絵:平澤 朋子
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
税込価格:\1,650
発行日:2018年07月
ISBN:9784593100033
評価スコア 4.5
評価ランキング 8,835
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 動物の癒し効果

    視覚障碍者に対する、声のボランティアを長らくやっています。
    実際に障害者の方と接しますが
    盲導犬を連れた方には、実は・・あまり会いません。
    白杖を使いこなせば、かなりのことができるからです。
    でも、
    この本を読んで、白杖ではなく「犬」である必要性というものを、強く感じました。
    犬とふれあい、わかりあい、パートナーとして日々を共にすることで生まれる絆。
    光りを失った世界に、新たな光が注ぎ込まれるような・・
    そんなイメージでしょうか。

    盲導犬も果たす役割は、歩く時の杖替わりだけではないのだと気付かされる一冊です。

    投稿日:2019/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 少しずつ成長していく

    訓練を積んで、立派な盲導犬になったけれど、ちょっぴり自信がないのかな・・・と思わせるべぇべの出だし。
    時にはうまく出来ないこともあるけれど、べぇべは道具ではなくてパートナーだから、お互いを認め合い、支えあい、べぇべが盲導犬としての気持ちがぐんぐん伸びていくのが感じられました。

    投稿日:2019/09/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知ることの大切さ。

    小学校2年生の娘が一人読みしました。
    「盲導犬」のことが書かれている絵本で,小学校低学年の娘も真剣に読んでいました。
    絵本を通して,介助犬など働く動物たちを知ること,そしてそれらに出会した時にどのような行動を取るべきか,とても学ぶことの多い絵本に思いました。
    人と動物との絆も感じられる絵本にも思いました。

    投稿日:2018/09/07

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット