ありとすいか ありとすいか
作・絵: たむら しげる  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ある夏の午後、すいかを見つけたありたちは、巣に運ぼうとしてみんなで力を合わせて押しますが、びくともしません。そこで − − − 。

あめだま」 その他の方の声

あめだま 作:ペク・ヒナ
訳:長谷川 義史
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2018年08月
ISBN:9784893096487
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,935
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 映像!?のようです

    「天女銭湯」の方ですね?
    独特な絵?写真?の作品で
    印象深いです

    自称が「人形いたずら作家」というのがいいですよね
    人形や小物、背景も作って
    写真を撮っているんですね
    人形の表情や光の加減とか
    アニメーション映画を観ているかのようです

    始めは、ひとりぼっちで
    ビー玉で遊ぶ少年
    「友達なんていらない」みたいな強がり

    で、ビー玉のような
    かわった飴玉を手にします

    これが、不思議な飴玉で
    聞き耳頭巾のような
    でも、それだけじゃないんです

    長谷川さん訳なので
    これまた、おもしろいページがあるんです
    お小言のように半ページが
    お父さんのセリフなんです
    それが、どこでも子どもが言われているような(笑

    あれ?
    犬が引っ張られてる?かわいそうだな・・・
    とか
    もしかして、おかあさんがいないのかな?
    とか
    いろいろ想像することに
    きちんと、「なるほど」の答えが返ってくるんです

    ガムを膨らませた風船が
    遠い所に住んでいるおばあちゃんの声を届けてくれて
    おばあちゃんの言葉にも、すてきなメッセージと
    それからの展開のヒントもあります

    落葉の場面は、素敵!
    びっくりして、しばし、この見開きページを
    眺めてしまいました
    そして
    そして、ぼんやり現れてくるのは・・・

    表紙を開いて、すぐに始まって
    綴じても、続いています

    じっくり楽しみたい作品です

    投稿日:2019/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友達がいなくて 一人で ビーだまあそびのぼくの 淋しさ・・・・
    そんな時  ビーだま買いに行ったら  
    「あめだまや あーまいで」

    そのきれいなあめだまをなめると  不思議なことが起こった
    ドンドンくんと ソファーから声がきこえて
    「パパにおならせんといて  たのーむはー」は 笑えました

    こんどの あめだまは いぬの グスリの声

    そして パパの声  ドンドンに いろんなことを言うパパの声
    ぼくのこころみたいな ザラザラしたあめ・・・・(かなしいなあ)
     
    すきや すきや すきや ・・・・・・・・・・・・ 
    夕ご飯のお茶碗洗うパパの後ろ姿に 抱きついて「ぼくも」 すきやというのです(なんだか 一人で淋しかったんや)

    父子家庭かな?
    そして おばあちゃんの声
    さいごの透明なあめだま   落ち葉の公園で見つけた 男の子に「ぼくと いっしょに あそべへん?」  自分から声かけた

    友達ができたんや!!   うれしいな〜   ホッ あめだまのおかげかな?

    いい話に ホロリときましたよ

    投稿日:2018/10/09

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / さつまのおいも

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


「ちいさなエリオット」シリーズ 作者・マイク・クラウトさん 翻訳者・福本友美子さん対談

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット