新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
ロングセラー
じっちょりんのあるくみち

じっちょりんのあるくみち(文溪堂)

春のみち、下を向いて歩くのが楽しくなる絵本。

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ

あした、がっこうへいくんだよ」 ママの声

あした、がっこうへいくんだよ 作:ミルドレッド・カントロウィッツ
絵:ナンシー・ウィンスロー・パーカー
訳:せた ていじ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
税込価格:\1,100
発行日:1981年
ISBN:9784566002432
評価スコア 4.59
評価ランキング 4,850
みんなの声 総数 38
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

31件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • ドキドキして眠れない

    主人公の男の子は、明日から学校に通います。

    たぶん、ドキドキして眠れないのでしょう。

    ベッドに入ってからも、おもちゃのベッドに寝かせたぬいぐるみのウイリーに、たくさん話しかけます。

    夜が少しづつ深まって、空が黒く黒くなっていきます。
    それでも眠れずに、男の子はウイリーの世話をします。

    たぶん、不安なのでしょう。

    ウイリーに言う言葉は、男の子自身が言ってもらいたい言葉。
    ウイリーにすることは、男の子自身がしてもらいたいこと。

    安心したくて何度も何度も話しかけ、しまいには自分のベッドに入れて、一緒に寝てしまいます。

    男の子は、朝にはちゃんと準備をして出かけます。



    夜の間の不安を見てきた読者のお子さんたちは、
    「おとこのこが がんばったんだから、 ぼくも(わたしも) がんばらなくちゃ」
    と、自分を奮い立たせることでしょう。

    投稿日:2021/03/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 男の子と、ぬいぐるみのウイリーはとっても仲良し。明日から学校に通うことになる男の子は、ちょっぴり不安もあって眠れずに、ぬいぐるみのウイリーに話しかけます。

    「ウイリー、ねちゃった?」
    「どうしてねむれないの?」
    「まだねむれないんじゃない?」

    一見ウイリーに向けられた言葉たちは、実は男の子の気持ちそのものであり、不安な気持ちと背伸びしたい気持ちとで揺れる心が、見事に描かれています。

    入園・入学を控えた子どもたちに寄り添ってくれる絵本だと思います。子どもが一歩踏み出す様子が微笑ましく感じられます。

    読み継がれた絵本であり、そして瀬田貞二さんの訳で、信頼感もありますね。

    投稿日:2021/02/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 期待や不安

    初めて学校へ行く日の前の夜。
    期待や不安で胸いっぱいになった主人公が、ぬいぐるみに一生懸命話しかけます。
    ぬいぐるみに語るようにして、自分に言い聞かせているんですね。
    男の子の気持ちが、画面から痛いほど伝わってきました。
    新しく1年生になる子たちにオススメです。

    投稿日:2019/03/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • とっても よくわかるんよ。

    • みぽみぽさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 女の子13歳、女の子9歳、女の子4歳

    わかっているんだけど、なんだか心配で不安でそんなとき
    誰かに聞いてほしくなる時があるんだそうです。

    小学3年生の次女にとってもやっぱり そんなときがどうしてもあるみたい。

    クマのウイリーに一生懸命自分に言い聞かせるように話す、男の気持ちがとってもよくわかるんだそうです。

    わかってるの。
    でも心配やの。
    わかってるの。
    でも、なんだか いややの。 でもそんなことお母さんに恥ずかしくって言えない。
    そんなこと、もう小学生なんだから、嫌なんて言えない。
    自分で一生懸命、大丈夫って背伸びをするんよ。

    とってもよくわかるんよ。


    なんて話してくれました。
    娘にとっては なんだか安心で、 母にとってはそんな気持ちを話してもらえたことが嬉しかった絵本です。

    投稿日:2008/12/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 明日初めて学校に行く男の子。大きくなったから学校に行かなくちゃいけないけど、心の中はまだまだ不安もあります。

    何度もくまのぬいぐるみに話しかけて自分を勇気づけているところが健気でとてもかわいいです。このやりとりを見ていると、こうして子どもたちは自分の力で大きな一歩を踏み出していくんだな…とあらためて感じました。

    小さな心のがんばりに寄り添ってあげたいです。

    投稿日:2021/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • あたらしい世界に踏み出す君に

    • じゃすさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子3歳

    あたらしい世界に踏み出す時に読みたい絵本です。
    子どもにとって入園入学は一大事。楽しみもあるけれど、不安やドキドキはもっと沢山ありますよね。
    そんな主人公の心に寄り添ってくれるのはクマのぬいぐるみのウイリー。
    等身大の子どもの気持ちを描いたこの本は、あたらしい世界に踏み出す子どもたちに寄り添ってくれそうだと感じました。入学前に繰り返し読みたい本です。

    投稿日:2021/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 明日からがんばれるかな?

    明日から学校に行く男の子が
    くまのぬいぐるみのウィリーに色々話しかけます。

    ソワソワ緊張 なかなか眠れないこの気持ちをウィリーにたくさん話しかけているんですね。


    新しい生活は多かれ少なかれ 誰もが不安を持ちますよね。
    そんなとき、ウィリーのようにじっと静かに聞いてくれて支えになってくれる存在大事ですね。

    ウィリーに話しかけることで、自分に言い聞かせ、励ます。

    明日の学校 とても楽しいことのはじまりでありますように

    投稿日:2021/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 全てはウイリーのために

    学校へ行く日の前夜、なかなか寝つけずにいる男の子は「クマのウイリーのために」灯りをつけ、水を飲み、同じベッドで眠ります。
    「きみは大きくなったんだから」とウイリーに繰り返し話す男の子。成長する事への誇らしさと不安が入り混じった複雑な心境がよく伝わってきます。
    「暗いのは少し怖いから灯りをつけて眠りたい」「ぬいぐるみと一緒に眠りたい」「夜だけどお水を飲みたい」「明日が不安でたまらない」。
    そんな気持ちを正直に言葉にするのは、大きくなりかけている男の子のプライドを傷つけますが、これは全部ウイリーの為なんだから仕方がない。
    子供達にはこんな風に自分なりの自衛策を身につけて、未知の世界を逞しく進んでいってほしいものです。

    投稿日:2021/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大丈夫、ウイリーが見守ってるよ!

    少年の不安な様子がすごく伝わってきます。
    ウイリーはぬいぐるみですが、少年をいつも見つめて見守っています。励ましてもいます。なんとなく、ウイリーからも意思を感じるのはそれだけ、少年がウイリーを想っているからでしょうか。
    頑張って学校へ行く少年の姿に勇気つけられます。

    投稿日:2021/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • おとこのこのいろんな気持ちをそうぞうして読むと、わたしの気持

    • もけこさん
    • 40代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子15歳、男の子11歳、男の子1歳

    私は初めてのことはついつい心配や不安を感じます。だからでしょうか。
    はじめてこの本を読んだとき、男な子が不安そうに見えて、一生懸命不安とたたかって落ち着こうとしているように感じて、がんばれ?と思いながら、なんだか男の子が心配でならなくなったのです。
    でも次の日ふと、いやいや、もしかしたら期待でいっぱいで興奮して眠れなかったのかも。と思いました。
    そうすると、男の子を心配する気持ちよりいとおしさが強くなりました。
    母目線ですね。
    実際、楽しみな子も不安な子も、どちらも感じる子もきっといるでしょう。どちらの気持ちも感じれて興味深い絵本でした。

    投稿日:2021/03/15

    参考になりました
    感謝
    0

31件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話


児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【ひさかたチャイルド】

みんなの声(38人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット