しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ムム」 その他の方の声

ムム 文・絵:みとなつめ
出版社:アソビシステム
本体価格:\0+税
評価スコア 4.18
評価ランキング 19,449
みんなの声 総数 33
「ムム」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ぬいぐるみ王国があったなら

    ムムの絵本の絵が好きで、大人も読める楽しい絵本です。地球のことを「チキュー」と文が変わっていたところがおもしろさがありました。ぬいぐるみたちは地球の漢字、習っているわけじゃないですもんね。ムムの絵本を読んでいるうちに、たくさんの種類のぬいぐるみが住んでいるぬいぐるみ王国が浮かんできました。そういう王国があったら素敵だなって、ムムの絵を見ていたら、ぬいぐるみが作りたくなりました。ハンドメイドをする意欲も高まってきますね。何かをやってみたくなる絵本にこの先も出会えることに期待のムムの絵本です。

    投稿日:2019/01/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 少し文章が長いかな〜

    絵が可愛らしく優しい色合いで、テーマもぬいぐるみのお話なので、幼稚園児向きなのですが、そうだとすると、お話が長すぎるかなと思いました。

    たとえば、洗濯機の中の場面だったり、女の子と主人公のぬいぐるみが馬に乗せてもらうシーンなどはカットした方がすっきりすると思いました。

    『くまのコールテンくん』や『ビロードのうさぎ』を彷彿とさせる絵本です。

    投稿日:2019/01/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み応えがあります

    文字が多いので、自分で文章を読むことに慣れた年齢のお子さん向けかもしれません。
    読み応えがあり、特にストーリー絵本に親しんでいるお子さんには、良いと思います。
    読み聞かせの場合には、『きょうはここまで』と区切って読むのが良いかもしれないなと思いました。

    投稿日:2019/01/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛く夢のあるお話し

    絵も可愛く、夢のあるお話でした。
    女のこは本当にぬいぐるみが好きですよね。娘も、いつもぬいぐるみを抱えて寝ていたなあと思いだして、温かな気持ちになりました。
    地球の子に愛されるようにと送りだす、お母さんクマの言葉がとてもよかったな。
    ムムって名前を付けられて大切にしてくれること出会えてよかったね。
    小さな子がこの絵本を読むと、ぬいぐるみさんの気持ちを考えて、自分の持っているぬいぐるみを大切にするんじゃないかなと思います。

    投稿日:2019/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色鮮やかでふんわりしたかわいらしいイラストに目を奪われつつ、次はどうなるの!?と夢中になる文章であっという間に読み終えました。
    特にぬいぐるみに名前を付けるシーンが微笑ましく、印象的でした。
    作者の三戸なつめさんのぬいぐるみに対するやさしい気持ちがぎゅっと詰まった心温まる絵本です。

    私はこの絵本を読んで、小さい頃大切にしていたぬいぐるみを思い出し、会いたくなりました。

    ぬいぐるみを大切にしようというやさしい気持ちが芽生える1冊です。
    これからお子さんにぬいぐるみをプレゼントしようと考えてるパパママがいらっしゃれば是非ぬいぐるみと一緒にムムもプレゼントにいかがでしょうか( ????? )?
    とオススメしたいです!

    投稿日:2019/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 若い感性

    • みいのさん
    • 60代
    • その他の方
    • 東京都

    表紙のクマの絵や、やさしい色使い、「ムム」という名前のいきさつなど、可愛くて面白かったです。
    チキューがカタカナなのは、作者の若い感性なのかなと思いましたが、平仮名で「とくぎ」は「釘」かと思って、しばらく考えました。
    ノラネコのしっぽの絵が、私にはわからなくて残念。
    絵本の価格は高くてビックリです。

    投稿日:2019/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 切ない…けど良かった

    途中、意外にも、切なくて泣きそうになりました。
    親が子どもを送り出す、子どもが頑張って独り立ちする、物語です。

    77番が、名前ムムの由来だったとは…可愛いですね。

    『くまのコールテンくん』を、思い出しました。

    投稿日:2018/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心が温かくなる絵本

    • 菜摘美さん
    • 20代
    • その他の方
    • 京都府

    絵のタッチ、色合い、言葉、全てが優しいです。ぬいぐるみを大切にしようと思える絵本だと思います。
    私は小さい時に親に買ってもらった黄色のくまのぬいぐるみを今も捨てられずに置いています。ペットに噛まれてぬいぐるみの鼻が取れちゃった時、母親が丁寧に直してくれました。今では見た目は薄汚れててあんまり綺麗じゃないけど、大切な思い出の一つです。そんなぬいぐるみのことをこの絵本を読んで思い出しました。
    心が温かくなる絵本だと思います。

    投稿日:2018/12/08

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのさむいあさ / いいこってどんなこ? / へんしんトンネル / いいから いいから / としょかんライオン

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける


>絵本エイド ―こころにひかりを―

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.18)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット