あきぞらさんぽ あきぞらさんぽ あきぞらさんぽの試し読みができます!
作: えがしら みちこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いろんな秋に、会いに行こう!

ぼくのばしょなのに」 みんなの声

ぼくのばしょなのに 作:刀根 里衣
出版社:NHK出版
本体価格:\1,300+税
発行日:2018年10月30日
ISBN:9784140361337
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,380
みんなの声 総数 43
「ぼくのばしょなのに」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

43件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 愛のこもった親子のやりとり

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子2歳

    ペンギンのククーは、パパとママのおなかの下がお気に入り。でも、その場所が、生まれてきた卵に奪われてしまいます。自分の大好きな場所を奪われてしまって悲しいククーですが、毛布を使って卵に変身してお父さんお母さんの愛を求めようとする健気なクク―と、お父さんお母さんの変わらないクク―への愛の伝え方も素敵です。クク―親子のように、日々丁寧に子どもに愛情を伝えていきたいと思わせてくれる絵本です。

    投稿日:2018/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛らしいお話

    もうすぐお兄ちゃんになるククー。
    でもお兄ちゃんになる嬉しさよりも、大好きなパパとママを取られてしまうような悲しみ、淋しさが先に立ってしまう。
    そんな気持ちを「大事な場所を取られた」と表現。
    赤いほっぺの幼い顔が、純粋な気持ちを引き立てていて、両親とのやりとりがとても温かく感じられました。

    投稿日:2018/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛情がいっぱい

    パパとママのお腹の下は、ククーの大好きな大切な場所。
    それがある日突然現れたタマゴに奪われてしまいます。
    すっかりいじけたククーは毛布のたまごになってしまいます。

    とにかくククーがとっても可愛いかったです。
    弟や妹が出来ると、大好きなパパやママをとられた気持ちになって、赤ちゃん返り・・

    そんなククーの気持ちもよく分かるし、それを怒ることなく、愛情いっぱいのクイズで、ククーの閉じこもった心を開いていくパパやママも素敵ですね(^^)

    刀根さんのイラストは、いつも可愛らしくて、温かくて、大好きです。
    今回は色鉛筆を使われているとのことで、その愛らしさが一段と際立っているように思いました。
    最初のページで、モカの絵本が登場していたのも嬉しくなりました。

    読み終えて、ふと上野動物園のシャンシャン親子のことを思い出しました。そろそろ親離れの時期だとか・・
    人間でも、動物でも、たとえ子どもが一人前になったとしても、いつまでも親は子どもが一番大好きなのですよね。

    投稿日:2018/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • おにいちゃん

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子7歳、女の子5歳、女の子1歳

    お気に入りのぼくの場所なのにー!赤ちゃんができたから譲ってねと言われてもなかなか気持ちがすんなりとはいかないおにいちゃん。上の子は共感できるお話でしょうねー。
    でもこのお気に入り場所であるパパとママのおなかの下って本当に心地よさそうですね。
    ほのぼのなお話でした。
    妹弟ができる上の子にいかがでしょうか。

    投稿日:2018/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぼくのばしょなのに

    たまごじゃなきゃ愛しいあの場所に戻れないなら、もう一度たまごになろう!という発想がいみじくも愛おしい。きっと妹か弟が生まれたらたくさん可愛いに違いないんだけど…。今はパパとママが僕だけを見てくれなくちゃ、今見てくれなくちゃダメなんですよね。
    自分に妹が生まれた時、長女に妹が生まれた時、もう遠い昔のことだけど、小さいあの子に読んであげたらきっと可愛いたまごになるに違いない!そうしたら、その時は、たくさんのクイズを出してあげたいです。こんなに見てるよ。あなたを見てるよ。
    どんなたまごになるの?ふわふわ?キラキラ?きっとあなただけのステキなたまご。いっしょに折り紙で作ってみようか。

    投稿日:2018/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 主人公のペンギンの子 『ククー』の名前のところを、娘の名前を入れて読んであげています。

    ククーが 卵に自分の場所を取られて
    『ぼくだけのばしょだもん!』 とひっくり返るところを読むたびに、
    娘が 「エーン」 と3回連続で泣いたときにはびっくりしました。

    小さいながらも、ククーの気持ちがわかるのかな?

    そしていつも最後のページの 『いつか、 たびだつひが きても』
    のところで、 おとなの方が感情移入してしまい 毎回号泣(笑)。

    まだ一人っ子ですが、いつか下の子が生まれたとしても この絵本を読むことで ククーの両親のように 大好きな気持ちを伝えてあげたいな。

    投稿日:2018/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ペンギンのククーは パパとママのおなかのしたが 大好き
    安心できる居場所なんですね 「ぼくだけの たいせつなばしょ」

    なのに たまごを抱いている ママ 
    お兄ちゃんになるんですが・・・・ なかなか 受け入れられません

    だんだん 気持ちが いじけて 「パパもママも だいきらい」

    ここからの展開が・・・  クイズ遊びになるのです

    パパとママはククーが大好き  ククーも大好き

    赤ちゃんが生まれて お兄ちゃんになっても     大きくなっても 「ずっと大好き!」

    親子の愛は いつまでも いつまでも 変わりません
    子どもを愛する 親の気持ちは ずっとー 変わりません

    そして子どもも 親のことが 大好き  これは変わらない愛の姿です

    どうか 子どもを愛して下さい!!  
    パパ ママたち(いろんなニュースを見て そう思いました)
     
    ペンギン親子から 学んでほしいと思いました

    投稿日:2018/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • か、か、かわいい!

    自分だけのお父さん、お母さんだったはずなのに、ある日突然下の弟妹に自分のポジションを奪われてしまう。そんなククーの寂しい気持ちを、茶目っ気たっぷりにほぐしてしまうパパとママの腕前に脱帽。
    「きみがおにいちゃんになっても
    ひとりでなんでもできるようになっても 
    いつかパパとママのもとからたびだつひがきても」
    というページでは思わず涙がポロリ。
    子どもにも大人にも、きっと心に響く一冊です。

    投稿日:2018/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心温まるお話です

    ペンギンのククーと、パパママとの掛け合いが
    とても可愛くて心温まるお話です。

    パパとママのおなかの下を
    たまごに奪われてしまうククーが、
    寂しい気持ちで毛布に閉じこもってしまいます。
    しかし、パパママの優しい声かけで
    お互いに大事に思っていることを実感します。

    子供が大きくなっていく中で、
    こういうやりとりって重要だなぁと思いました。

    投稿日:2018/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • とっても素敵な絵本

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子7歳、女の子5歳

    とっても素敵な絵本でした。
    お気に入りの場所を生まれてくる赤ちゃんにとられて、卵に戻りたいと毛布にくるまるペンギンのクーに、パパとママがかける言葉がとっても暖かくて愛情いっぱい。
    誰よりも、パパとママはあなたのことが大好きだよ。っていうのが伝わってきて、こちらまで気持ちがぽかぽかします。
    二人目が生まれたばかりの友達に贈るプレゼントにもぴったりの絵本ですね。

    投稿日:2018/12/05

    参考になりました
    感謝
    0

43件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / 三びきのやぎのがらがらどん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おともだち たべちゃった / マドモアゼル・シック すてきな女の子になるレッスン

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「ゆうたくんちのいばりいぬ」シリーズ誕生30周年! きたやまようこさんインタビュー

みんなの声(43人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット