もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

くすのきだんちのおきゃくさん自信を持っておすすめしたい みんなの声

くすのきだんちのおきゃくさん 作:武鹿 悦子
絵:末崎 茂樹
出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2018年10月15日
ISBN:9784564018848
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,660
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 年越しとおしょうがつさん

    くすのきだんちシリーズ、年越し編ですね。
    大晦日、大掃除に忙しい管理人もぐのもとへ、1通のお手紙。
    一週間泊めてください、という、無記名の手紙。
    さあ、ミステリーの始まりです。
    大晦日も、気配り全開のもぐの行動が素敵です。
    そして、そのお客の正体は、なあるほど。
    もちろん、くすのきだんちの年越しは、幸せ感いっぱいですね。
    ラストの問答も素敵です。
    年末年始にぴったりのストーリーです。

    投稿日:2018/12/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 暮らしてみたい

    もうすっかり馴染んでしまった、玄関ホールの絵がなんだかなつかしいです。
    誰かがやって来るらしいので、管理人さんは、そわそわ。
    枯れ葉が舞って、北風が吹いて、今日はお年越し。
    お話もいつも通り、楽しくて素敵でしたが、
    いつもながら、どっしりとした立派なくすのきだんちの佇まいが、素晴らしいです。素敵な住人たち、配達にやってくるどうぶつたち、暮らしてみたい世界ですね。

    投稿日:2018/12/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新刊,親子ともに読みました〜!!

    「くすのきだんちシリーズ」を読み続けてきた(幼児期に出会い購入してきました)我が家にとっては,こちらの「くすのきだんち」の新刊はとても嬉しくすぐさま手に取った子供です。
    晩秋から年末にぴったりな内容で,我が家は両家親戚が遠方で日常的に会える距離ではないので余計に今回のお話は心にくるものと季節を感じるものがありました。
    くすのきだんち,最後はくるみていで,このお決まりもやっぱりいいですね!

    投稿日:2018/10/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 年末のお客さん

    管理人のもぐ宛に着た手紙で、「誰か来る」ことは分かったけれど・・・ 誰が来るの?とどきどきのもぐ。
    そんなもぐをくすのきだんちの住人は温かく見守っています。
    普段はいろいろと心を砕いてくれるもぐへのみんなの優しさが感じられる、素敵なお話でした。

    投稿日:2018/12/21

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その4

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット