新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

さかな1ぴきなまのまま」 パパの声

さかな1ぴきなまのまま 作・絵:さのようこ
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
税込価格:\1,100
発行日:1978年
ISBN:9784577003251
評価スコア 4.53
評価ランキング 6,704
みんなの声 総数 16
「さかな1ぴきなまのまま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • あとがきも読んでみてください。

    ねこなら、さかなは生で食べそうなものです。じゃあ、このねこは普段さかなを焼いて食べるのか?読む前ならこんな疑問も湧きそうです。
    猫好きの目からしても、決して可愛いとは言えない主人公のねこが、友達を探しに出掛けた先で、これまた一歩後退りしてしまいなへびと出遭います。
    でも、「友達になろう」と言われてなれるものでもありません。ただただ心持ちの落ち着かないまま、本編は終わってしまった感はありましたが、“1ぴきなまのまま”の意味には納得しました。
    それから是非、あとがきも読んでみてください。佐野洋子さんの幼少の頃のエピソードを読むことで、より良くこの作品が理解できると思います。
    息子にあとがきまで読み聞かせすると、鼻頭に熱いものが込み上げて来るような高揚感がありました。そして、人と人が友達になったきっかけの不思議を、自分の経験の中で、思いを廻らせてみました。
    僕の中では、すごく心に引っかかる作品のひとつになりました。

    投稿日:2010/11/09

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / なにをたべてきたの? / うんちしたのはだれよ! / くだもの / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



出版社いちおし!新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット