新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

さかな1ぴきなまのまま自信を持っておすすめしたい みんなの声

さかな1ぴきなまのまま 作・絵:さのようこ
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
税込価格:\1,100
発行日:1978年
ISBN:9784577003251
評価スコア 4.53
評価ランキング 6,774
みんなの声 総数 16
「さかな1ぴきなまのまま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 友達ってなんだろう

    大好きな佐野さんの絵本です。
    「ともだちってなんだろう」と考えさせられる絵本でした。
    自分と同じ種族(種類)の人となら友達になれるというわけではなく、同じような価値観で、同じ時間を分かち合って、友達になっていくんだなぁと感じました。
    友達は、わざわざ作るものではなく、気づくとなっているもの。子どもたちに、この絵本を読んで伝えたいです。

    投稿日:2013/09/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 友達を見つけた。 ねことヘビ

    佐野洋子さんの 「100万回生きたねこ」は感動しました

    このお話も ねこが友達捜しの 旅に出るのです。 おばあさんと暮らしていたのですが、元気なねこには、友達がほしかったのですね

    一人で歌を歌いながら出かけて出会ったのは、へび
    二人の取り合わせがなかなかおもしろいのです

    佐野さんはねこが好きなんですね。絵も大胆で ネコの顔が怖いときもあるのですが・・・

    ヘビとの会話がみように お互いがお互いを必要としているのが 何となく伝わるのです
    友達ってこんなものですよね  お互いが何というわけでもないのに 必要としている・・・・(自然の空気のような存在?)

    へびが良い味出しています なかなか 優しいんです 
    ねこが 二匹のきれいな娘のネコに   「ともだちですって?あなたけっとうしょつきじゃ ないんじゃない? わたしたち いえがらの わるい ひとたちとは つきあえないのよ」

    えっ! こんなこといわれて  ねこは涙を流したとき
    それとなく 励ましてくれたのが へび 存在感有ります
    ねこは 旅の中で へびにお世話になった事に気づきます

    こんな二人はおばあさんの家に帰るのです
    友達ができたのですね  ねこ
    「さかな1ぴき なまね」  タイトル答えが 最後にかくされてました
    読む人それぞれが いろんな事を感じる絵本ですよ
    佐野さんのおはなしは メッセージがあって いいですね!
    好きです
    あとがきも 佐野さんの子供の頃の様子がうかがえて なるほど・・・

    投稿日:2012/08/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 友達って?

    実は、今まで佐野洋子さんの作品をきちんと読んだことが無くて、
    数ヶ月前の訃報を知ってから、佐野さんの作品を読み漁っている次第です。

    この作品で佐野さんの作品を読むのは9作目になるのですが、
    なんとなくですが、佐野さんの魅力が解りだしたように感じます。

    「さかな1ぴきなまのまま」は、ネコが本当の友達を探しに出掛けるお話。

    ちゃんとした友達って? 本当の友達って?

    友達を見た目で選ぼうとするネコ。見た目にこだわらないヘビ。
    2匹の何気ないやりとりに微笑ましくなりながらも、
    友達についていろいろ考えさせられるお話です。

    友達と友達になったきっかけって?
    佐野さんのあとがきにも、ほっこりさせられました。

    投稿日:2011/01/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • しみじみいいですね。

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳、男の子7歳

    佐野洋子さんの作品を、今ごろになっていろいろと読みあさっています。この絵本のなかに出てくるねこを通して、友達って。。。って考えることができました。
    友達って、つくろうと思ってできるんじゃないんですね。それに、こんな友達こそ友達だっていう定義もない。自分の決め込んでいる理想の友達と、真の友達はちがうかもしれない。ある日、ふっと気付くとそばにいるような、神様がいつのまにか用意してくれてるような、そんな存在なのかもしれません。
    ねことへびの関係がなんともほほえましく、いいなあって思いました。

    投稿日:2010/12/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • しみじみ、いいですなあ

    • パタチイさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子5歳

    さのようこファンの母としては、たまりません。
    あとがきも、おいしいです。そして年長の息子は今、「ともだち」っていうのがなんとも微妙なお年頃、そんな奴はなぜか歌のところで笑い出し、終わるとすぐにもう一回読んでときた。とってもわかりやすいバロメーターだわ。
    これは読み聞かせていて、文字が多くたってぜーんぜん苦になりません。へびをどんな風にしよっかなー、猫の今のせりふはもっとこんな感じかな、どう歩くかなー、なんて、いきいきとみんなを動かしたくなります。いいですよー。

    投稿日:2002/06/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • たぶんこれは「だってだってのおばあさん」の続編になる作品だと思います。
    挿絵のタッチは違いますが、同じおばあさんと猫のお話です。
    ある日、猫は友だちが欲しくなって、探しに出かけます。
    そこで出会った友だちとは・・・

    第一印象といいましょうか、パッと見て友だちになりたい!と思う人と、この人とは友だちになりたくないな・・と思う人とがあると思うのです。
    この絵本では、後者のタイプが描かれています。
    そして、前者の例として綺麗な娘さんの猫が登場します。

    最初はお近づきになりたくなかったヘビでしたが、実はとてもいいヘビだったりするわけです。
    それも、だんだん一緒の時間を過ごすうちに、なんとなく友だちみたいになっているという・・・

    最後、おばあさんも猫の連れてきた友だちのヘビを否定するわけでもなく、言われた通りに魚一匹生のまま、ご馳走してくれます。
    私も、先入観無く、子どもの友だちと接しなければ・・と思いました。

    佐野洋子さんのあとがきを読みながら、色々と考えさせられました。
    友だちになるきっかけも人さまざま。
    こういう友だちもいいもんだ、と思いました。

    投稿日:2015/09/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友達

    人形劇で見て楽しかったので絵本も買いました。
    天気がいい日はランランと歌って読んでいます。

    お友達を作ろうとする猫ちゃんですが、ちゃんとした友達が欲しいんだとか。
    では、ちゃんとした友達ってどんな友達なんでしょうね?
    友達って、なんだろう。どういう存在なんだろう。ということを考えるお話です。

    投稿日:2015/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ヘビは苦手ですが、こんなヘビなら…。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    久しぶりに「100万回生きたねこ」を子どもたちに読んだら、急に他の佐野さんの作品も読みたくなって、探してきました。
    これ、まずかなり絵の具をベタ〜っと使った油絵で描かれてますよね?
    後書きなどには特になにも書いてありませんでしたが、そこが一番気になりました。
    佐野さんはどんなことを考えながら、この作品をこういう風に作り上げたのかな〜って。

    絵本はとても古い1978年発行ですが、今の子が読んでも、十分面白いと思います。だれだって、自分だけのサイコーの友だちって、欲しいですもんね。
    最終的に新しい、素敵な友達は「へび」でしたけど…。
    個人的にヘビは苦手ですが、このお話に登場するヘビは本当に木のいい、優しく、楽しい相棒でした。こんな感じのヘビなら、苦手な私でも何とか、友達になれるかも!?

    新学期、新しいクラスなどで読んだらいいかもしれませんね。

    投稿日:2011/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • あとがきも読んでみてください。

    ねこなら、さかなは生で食べそうなものです。じゃあ、このねこは普段さかなを焼いて食べるのか?読む前ならこんな疑問も湧きそうです。
    猫好きの目からしても、決して可愛いとは言えない主人公のねこが、友達を探しに出掛けた先で、これまた一歩後退りしてしまいなへびと出遭います。
    でも、「友達になろう」と言われてなれるものでもありません。ただただ心持ちの落ち着かないまま、本編は終わってしまった感はありましたが、“1ぴきなまのまま”の意味には納得しました。
    それから是非、あとがきも読んでみてください。佐野洋子さんの幼少の頃のエピソードを読むことで、より良くこの作品が理解できると思います。
    息子にあとがきまで読み聞かせすると、鼻頭に熱いものが込み上げて来るような高揚感がありました。そして、人と人が友達になったきっかけの不思議を、自分の経験の中で、思いを廻らせてみました。
    僕の中では、すごく心に引っかかる作品のひとつになりました。

    投稿日:2010/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友達は容姿じゃない!

    ネコくんが友達を探しに行くんだけど、なかなか声をかけられない。もどかしさが伝わって来て、しっかりしなよ!と言いたくなる。
    ついて来るのは変なヘビだけ。こんなやつとは友達になりたくない!と思ってみても、助けてくれるのはヘビだけ。
    まぁ、ぼちぼち仲良くなろうか。

    友達って、外見だけじゃなく、付き合ってみないと良さがわからないものだね。

    投稿日:2007/10/11

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / なにをたべてきたの? / うんちしたのはだれよ! / くだもの / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット