新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ

ちいさなエリオット あそびにいこうなかなかよいと思う みんなの声

ちいさなエリオット あそびにいこう 作:マイク・クラトウ
訳:福本 友美子
出版社:マイクロマガジン社
税込価格:\1,870
発行日:2018年11月
ISBN:9784896378344
評価スコア 4.5
評価ランキング 7,055
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ねずみくんといっしょに

    どんな生き物でも、ずっと一人でいるよりは誰かといたほうがいいのでしょうね。
    エリオットは、ねずみくんと出会ってからいろんな経験をします。今回は、遊園地。
    こわがりやのエリオットはそこでパニックになるのですが、どこまでも優しいねずみくんがサポートし続けます。最後のページでの言葉に、私はとても納得しました。
    こんな友だちが我が子にいたら、どんなに嬉しいでしょう!
    この絵本を読んだ小さな子どもたちに、ねずみくんのような友だちがいますように。たとえ今はいないとしても、未来で出会えますように。

    投稿日:2019/07/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 背景が素晴らしい

    「ちいさなエリオット」シリーズは、毎回背景が素晴らしいです。
    今回も、実在する遊園地を題材に、ちょっぴりレトロな風景がイキイキと描かれていて、細部まで眺めてしまいました。
    肝心なのは「どこへ行くか」でも「何をするか」でもなく、「誰といるか」なんですね。

    投稿日:2018/12/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 友達っていいね

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子6歳、女の子4歳

    全ページためしよみで読みました。

    水玉もようの小さなぞうとねずみのお話し。
    仲良しの友達と遊園地に来たのに、怖がってばかりで全然楽しめないエリオット。
    そんな時ねずみ君がとった行動は…

    友達っていいねと思えるお話しでした。

    投稿日:2018/12/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大切なことは…

    はじめてこのシリーズを読みました。ゾウさんとネズミ…対称的な存在だけど友達なのが面白いですね!ネズミさんは臆病者のゾウさんに楽しんで貰おうとしますが…ゾウさんは心から楽しめず、なんだか無理矢理付き合ってましたね。私も同じ様な経験があるのでゾウさんの気持ちがとても分かります。自分が好きじゃない事を無理に共有する友達は本当の友達なのか、友達の為にやりたくない事を無理に付き合うのが本当の自分なのか…ネズミさんの様に相手のペースに合わせ思いやる事も大切な付き合い方ですよね。そして一緒にいる事こそが心から楽しい事なんだと築き合える関係性は素晴らしいと思います!友達でも家族でもそういう思いやりは大切なので、絵本を通して改めて大切な事に気付かされたと思います!

    投稿日:2018/12/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • あそびにいこう

    小さなぞうのエリオットとねずみのおはなし。
    ちょっぴり臆病なエリオットにやさしく語りかけるねずみの様子が印象的でした。
    臆病なエリオットが少し心配になりましたが、ねずみがエリオットの気持ちを聞いてあげて、優しく思いやる様子がなんだかほっこりします。
    素敵な時間が過ごせてよかったね。

    投稿日:2018/12/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 遊園地で楽しめなかった自分の小さいころを
    見ているようでした。
    このシリーズは、見返しの絵柄も楽しいし、
    絵がカラフルでとても素敵です。
    毎回、ラストのメッセージ性も強く、
    今回もなるほどなあと思いました。
    ついつい、子どもたちを喜ばせたいと思って
    毎週末にいろいろ連れて行かなきゃって思うけれど、
    一緒に楽しい気持ちになるっていうことを
    最優先することが大事なんだなと思いました。

    投稿日:2018/12/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • ゾウのエリオットとなかよしのねずみが遊園地に遊びにいくお話です。ねずみは家族で毎年きているけれど、エリオットにとっては、はじめての遊園地。エリオットはこわくなって逃げ出してしまいますが、ねずみはエリオットがどうしたら楽しめるのかを考え、サポートしようとします。そんな二人の姿に「二人ともがんばれー」と、応援したくなりました。

    本を読み終えた娘は「エリオット笑ってるね。ねずみと一緒でうれしいんだね。」とうれしそうに言っていました。やさしい気持ちが伝わる、あたたかい本だと思います

    投稿日:2018/12/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 遊園地へ

    • みいのさん
    • 60代
    • その他の方
    • 東京都

    実はシリーズ1作目の時は、エリオットの水玉柄があまり可愛いと思えませんでした。3作目ともなると、親近感もわいてきて水玉は気にならなくなりました。私も、子どもから、絶叫マシンに誘われるのが嫌だし、観覧車も怖いので、エリオットの気持ちがよくわかりました。

    投稿日:2018/12/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • なかよしさんといっしょが一番!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子7歳、女の子5歳、女の子1歳

    なかよしのねずみといっしょに遊園地に遊びに行くエリオット。
    ですが…こわがりさんですねー。こわがりだとなかなか遊園地って楽しめないのかもと思いながら読みました。
    ですが、何をするにもいっしょにいる人が大事というのは分かる話ですね。
    なかよしさんといっしょが一番!これからもいっしょにいろいろな思い出ができていくことでしょう。

    投稿日:2018/12/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 一緒に入られたことだよ

    シリーズの中でお話が進むにつれて、エリオットとねずみくんの仲はますます深まっているようです。
    今回もまた、お互いを想い合っていて、読んでいるこちらまで優しい気持ちになりました。
    私も子供たちによく、「今日は何が一番楽しかった?」と聞いてしまうのですが、ねずみくんが言ってくれたように「一緒にいられたことだよ」なんて言われたら、キュンとしちゃいますね。
    私も、そんな風に答えられるようになりたいです。

    投稿日:2018/11/30

    参考になりました
    感謝
    1

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / よるくま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2022年2月 注目の新刊&おすすめ 〜節分・鬼の絵本〜

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット