話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

1993年のクリスマスふつうだと思う みんなの声

1993年のクリスマス 作:レスリー・ブリカス
絵:エロール・ル・カイン
訳:北村 太郎
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1998年
ISBN:9784593502189
評価スコア 3.89
評価ランキング 38,038
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 現実的なサンタ

    かなり現実的なサンタです。
    現代の人間にうんざりしている様子が、痛いほど伝わってきます。
    サンタの言い分を読めば、それも納得できました。

    最後の一文にあるように、「ほんとうのクリスマスとは どうあるべきか」考えなければいけませんね。

    絵本としては長文ですし、内容的にも、子供に読み聞かせるには、好みが分かれるかと思います。

    投稿日:2011/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • サンタの愚痴?

    昔は良かった……。
    だんだんサンタ業が難しくなってきた現代社会への愚痴を淡々とサンタが語ります。
    1993年は最悪だった。いやいやその前にも事件はいろいろあったんだが……。
    ウォッカ片手に愚痴るサンタが眼に浮かびます。
    ジャンボジェット機との飛行や各国のビザの申請、おもちゃの盗みや言いがかりなど、サンタ自身の心が荒み、あたたかい心を配れないと嘆く1993年のクリスマス。

    作者の社会批判がサンタの口から出たような格好で、それはそれでおもしろかったのだけど、ほんと淡々と困った事態が並べられているだけの長文で、これは大人がシニカルな笑いをこめて読むものなのかな。
    サンタじいさん、愚痴愚痴と1993年の話に到達するまでが長い(笑)
    そうかそうか、大変な思いをしてあたたかい心をありがとねと背中をさすってあげたくなります。
    いっそ洋画にしたらおもしろそうだと思うのですが。

    投稿日:2007/03/22

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…


似ているのはいや?自分やお友達の良いところを見つけよう

みんなの声(8人)

絵本の評価(3.89)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 1
  • 大人 5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット