宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

クリスマスのおかいもの」 みんなの声

クリスマスのおかいもの 文:ルー・ピーコック
絵:ヘレン・スティーヴンズ
訳:小宮 由
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2018年10月
ISBN:9784593100163
評価スコア 4.33
評価ランキング 12,756
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 小学校2年生の娘が一人読みしました。
    未就学児でも十分に共感できる内容の本です。
    日本の子供達はサンタクロースや大人からクリスマスプレゼントをもらうのが習慣になっていますが,外国ではおじいちゃんおばあちゃんへのプレゼントを用意するのですね。
    異国文化も感じることのできるクリスマス絵本に思いました。

    投稿日:2018/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • お母さんと赤ちゃんのイーヴィ・メイと3人でクリスマスのお買い物に行ったノアとぞうのぬいぐるみのオリバー。
    お母さんが買い物している間の、ノアがオリバーと遊ぶ自由奔放さが微笑ましいです。
    スティーヴンズさんの絵が光景をやさしく包んでいて素敵です。
    迷子になってしまったオリバーが見つかる場所の意外さ、最後のシーンも、みごとに心に残りました。

    投稿日:2018/12/04

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


林木林さん×ねじめ正一さん対談インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット