アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

ねこのシジミ」 みんなの声

ねこのシジミ 作・絵:和田 誠
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1996年
ISBN:9784593564149
評価スコア 4.58
評価ランキング 4,155
みんなの声 総数 11
「ねこのシジミ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 何気ない日常の幸せ

    シジミは公園に捨てられていた猫です。なぜシジミか?小さくて、貝のシジミの殻の模様に似ているから。お母さんの友達が来て、寝ている僕を見て「シジミが落ちているみたいね。」と言ったその時から、そういう名前になりました。
    でも、お母さんは、シジミなのに、フジミと呼ぶようになり、フジオさんとか、フジサキさんとか、そういうふうにシジミを呼びます。
    僕は、朝、お父さんを起します。ほかの用事といえば「ご飯」「水」「トイレ」ご飯は、「ポリポリ」と「かんづめ」で同じ種類のものが続くと飽きます。トイレは外で。出る時と帰ってきた時に、戸をかりかりして合図します。寝るのは大好きです。
    僕は、ネズミを見たことがない。鳥や虫は庭にいるけれど、鳥もとらないし、虫もとりません。犬やザリガニや、時々、不思議な動物が来て、びっくりすることもあります。家に泥棒が入ってきたこともありました。
    僕を拾ってくれた小学生のショウちゃんは、今では二十歳になり、僕も年をとりました。でもまぁ、幸せな毎日かな、と思います。
    これは、猫の目から見た、毎日の生活を淡々と書いた絵本です。
    ただただ、猫のありふれた、普通の毎日が書かれている。
    感動ものでもなく、泣ける話でもなく、びっくりするような事件もおきない。
    でも「まぁ、幸せな毎日」なのです。
    でも、まぁ、幸せな毎日っていうのはいいもんです。なんだか、これを読むとほっとします。

    掲載日:2006/12/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 平凡な毎日が、一番の幸せ!

    私は、ねこが苦手なので接することはないのですが、シジミちゃんから学ぶことがありました。平凡な毎日が、一番の幸せなんだと読んでいて思いました。ショウちゃんが小学生の時に拾われて、もう20歳になるとのことですが、あたたかい家族に囲まれてシジミちゃん、よかったね!と、思いました。

    掲載日:2018/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家族が出来て良かった

    しじみさんが、思いやりのある家族に迎えられ、幸せになってよかったと
    思いました。
    猫家族と長年暮らしていた私にはうなづけることもたくさん。
    シジミさんの挿絵もリアルな感じで良いですね。
    抱っこしている奥さんの絵は、本物さんとよく似ていると思いました。
    警察の人の笑わなくていいです!は、笑えます。
    すてきな家族なんだなあと、あらためて思いました。

    掲載日:2018/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何気ない生活の中の猫

    捨て猫の中で、順番に友だちに拾われて、最後に残った猫。
    何となくオマケの生活が始まって、知らないうちに家族になっている、それが猫かも知れません。
    さりげない生活が続いて、拾ってくれた時に小学生だったショウちゃんが、二十歳になると言います。
    泥棒から家族を守ろうとした(?)活躍もあったけど、名前がイッパイアッテナのシジミ君のしみじみとしたお話、何となく良かったです。
    さりげなく笑顔で登場したお母さんのような人が飼い主で、良かったですね。

    掲載日:2016/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • シジミが落ちている

     台所で「シジミが落ちているみたい」から名前がつけられた、ネコのお話です。

     シジミがねる場所は涼しいから、野菜を置いておくなんて、おもしろいなと思いました。
     シジミはいろいろなことを見て、感じているんですね。シジミの声がきこえてきそうでした。
     最後のページのシジミに、しみじみしました。

     おちついた色あいで描かれた絵と、いきいきしたシジミの表情がよかったです

    掲載日:2014/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家族の一員

    このお話の主人公の猫のシジミは昔公園に捨てられてこの絵本の中の家族に拾われ幸せにに暮らすお話でした。ネコから見た視点でお話が描かれていて、家族の分析や家族の行動などネコ的観点で描かれているお話がとっても楽しい一冊でした。

    掲載日:2014/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ネコの生活

    ネコのシジミ目線での、普通の暮らしだと思います。
    空き巣に入られたりしますが(シジミは追い払えず)、その他は普通の穏やかで地味な生活ですね。
    なんの変哲もないんですが、捨て猫だったシジミにとっては、この生活が何よりなのだと思いました。

    掲載日:2012/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼのネコ生活

    拾ってこられたネコのシジミのなんてことはない日常を描いた絵本。
    ネコ目線から描かれているのでとってもほのぼのしてしまいます。
    自由気ままのネコの様子がすごくよく出ていて
    猫ちゃんと生活されている人などには
    ちょっとしたシジミのしぐさがたまらない絵本なのではないでしょうか。
    娘はお母さんのシジミへのネーミングが徐々に変わっていって
    「フジサキさん」となってしまったところがツボだったようで
    笑っていました。

    掲載日:2010/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちはカリカリ

    にゃんこ好きの友人からこの絵本をいただきました。
    私もにゃんこ好きなので。

    シジミのおかあさん(平野レミさんですよね、そっくり!)が
    いろんな名前でシジミを呼び、ついには全然元の名前とは関係
    ない呼び名にしてしまっているところに、とても共感できます。
    私も家で飼っていたにゃんこに、そんな風にして、どんどん名
    前を変化させて呼んでいたから。

    にゃんこがいる暮らしのしあわせな感じが淡々と、でも、しっ
    かり漂ってきていいです。

    掲載日:2010/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • まるで、我が家のねこそっくり!

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    我が家のニャンちゃんも、7年前、隣の空き地に一匹だけ置き去りにされ、ひとばんじゅう泣いていました。ねこなんて飼ったことは、ありませんでしたが、自分でまだミルクも飲めない状態で、スポイドで喉の奥のほうに入れて飲ませ、おしっこもうんちもさせてあげながら、一生懸命育ててきました。そんな苦労もなにも感じていないような、お気楽な毎日を送っているニャンちゃん。必要なことは、『ごはん』『みず』『トイレ』まさに、シジミちゃんといっしょです。でも、その存在だけで、どれだけ癒してくれていることか。

    ねこの目線になって、日常の様子が、淡々と描かれています。たいした大きな出来事もなく、あるとすれば、泥棒が入ったことくらいでしょうか。その時の様子も、なんだかそれらしいというか…
    それでも、ねこのいる生活を送っていると、全てが納得できる内容で、平凡な毎日の中に、大きな幸せを感じる、そんなお話でした。

    今も、足元で、ゴロリと横になっているニャンちゃん、何を考えているのかなあ。

    掲載日:2009/07/24

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


ミキハウスの「宮沢賢治の絵本」シリーズ  とことん語ろう!座談会

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.58)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット