そうべえときじむなー そうべえときじむなー そうべえときじむなーの試し読みができます!
作: 田島 征彦  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
「じごくのそうべえ」シリーズ、7年ぶりの新刊!今度は琉球へ

ポケットのないカンガルー 改訂版」 みんなの声

ポケットのないカンガルー 改訂版 作:エミイ・ペイン
絵:H.A.レイ
訳:西内 ミナミ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1970年2月
ISBN:9784033276106
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,312
みんなの声 総数 29
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 足りないと嘆くのでなく

    大好きな「ひとまねこざるシリーズ」の作家さんの絵だ!と興味を持ちました。
    カンガルーのケイティにはポケットがなく、我が子のフレディをどこにも連れて行ってあげられなくて困っています。そこで賢者のフクロウの助言で、町にポケットを探しに出かけ、そしてポケットだらけのエプロンをみつけます。
    一生懸命子育てするお母さんの姿、とても素敵です。なにごとも、足りないと嘆くのではなく、前向きに行動することが大切なんだなと教えてくれているようでした。

    投稿日:2015/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • がんばったね、おかあさん。

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     本当はとても辛いおはなしなのに、レイさんの明るく笑顔のイラストに助けられてよかったですね。涙を見せるお母さんが大きらい、という子どものフレディをありがたく思わなければいけませんね。
     ポケットのなかったハンデキャップカンガルーお母さんが、たとえつくりものであってもそれをバネにして自信を取り戻す姿が、爽やかです。がんばったね、お母さん。ありがとう。感謝。

    投稿日:2013/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母の愛情

    H.A.レイさんの作品はおさるのジョージシリーズしか知らなかったので、この作品を見つけて早速読みました。

    ポケットがない為に、子どものフレディをポケットに入れて運ぶことができないケイティ。どうしたら運ぶことができるか、いろんな動物たちに会いしまいには、街にポケットを買いに行くという必死さにケイティの母親としての愛情を強く感じる本です。

    投稿日:2012/12/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なポケット

    • ちょてぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子10歳、女の子6歳

    ポケットのないお母さんカンガルーがどうやってこどもを運ぶのでしょう?
    どうやってポケットを手に入れるのでしょう?

    最後は他のカンガルーよりもずっとずっと素敵なポケットを手に入れるハッピーエンドで、心が温まります。

    こどもを想う母親の優しさ、困難に前向きに立ち向かい、色々なアイデアを練る姿・・・母親として、参考になりました。

    読み聞かせする母親へもオススメの一冊です。

    投稿日:2011/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • おかあさんは一生懸命

    • レースさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    小学校二年生に読み聞かせをしました。
    みんなニコニコして聞いてくれました。
    お母さんが子どものために一生懸命がんばっている姿が伝わったと思います。
    ポケットがないなら買えばいい、というフクロウさんの斬新な言葉に笑いがおこりました。子どもってこんなところで笑うんだ〜と、驚きました。

    投稿日:2011/06/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛を感じる一冊

    お母さんカンガルーのケイテイにはポケットがありません。
    これはカンガルーにとっては致命的…
    他のカンガルーのように子供をポケットに入れて運んでやることができないことをケイテイはとても申し訳なく思っています。

    でもケイテイはある日思いつきました。
    他の動物はどうしてるのか、ポケットのない自分でも子供を運んでやれることができるんじゃないかと情報を集め、手を尽くします。


    我が家はこの絵本が大好きです。
    子供のためにと一生懸命奮闘するポケットのないお母さんカンガルーのケイテイ、そしてそんなケイテイにやさしくしてくれるお兄さん。

    全てが愛に包まれているようで、読み終わるととても温かい気持ちになれます^^
    おすすめです♪

    投稿日:2011/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • ホッとします!

    ポケットのないケイティ(ママ)は、どうやって子どもを連れ回そうか考えてしまいます。

    子を思う親の心に、ジーンとしてしまいます。
    動物も人間も、親が子を思う気持ちって同じなんだなぁ・・・
    なんて、絵本の世界に入ってしまいました。

    最終的にケイティは、素敵なポケットを手に入れる事ができます!

    親も子どもも、最後は笑顔になれるそんな絵本だと思います♪
    読み終わると、心が温かくなりますよ!

    投稿日:2010/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • すてきなポケット

    ポケットがなくて小さなフレディをいつも歩かせ不自由に思うおかあさんカンガルーのケイティ。
    私も同じ母親として、車が運転できず、雪が積もるまで自転車で娘の送り迎えをしたり、雪道を歩かせることが多く、娘に少し不自由な思いをさせていたので、ケイティのつらい気持ちがよくわかりました。
    子育てしていると人によっていろいろな悩みがでてくると思います。
    そんなときに、ケイティのように相談して気分を変えてみるのもいいかもしれません。ひとりで悩まないでね。
    ケイティがポケットを手に入れたときの喜びはなんとも言えずよかったです。

    投稿日:2009/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • こういう母に私はなりたい…

    • 雪ねこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、男の子4歳

    もちろんこの本は6歳の娘はとても気に入って、お話に引き込まれていました。
    でも、本当に心にじんわりと来るのはお母さんかな。

    なぜかポケットの無いカンガルーのお母さんケイティ。子供思いのケイティは、ポケットが無いので息子のフレディをどこにも連れて行くことが出来ないことが悲しくて仕方ありません。
    でも、ケイティは前向きに解決方法を探し始めます。
    それは森の中から街へ。
    街では心優しい人に出会い、ケイティはとうとうフレディをどこにでも連れて行けるすべを得ます。
    そして、森に帰ったケイティは小さい仲間達にもその愛情を一杯そそぐのです。

    私は、ケイティの母としての強さに見習うべき点をみつけました。
    自分の子供だけではなく、他人にも愛情を分け与えられる強さも。
    私もケイティのような母になりたい…いや、なろうと思いました。

    この本のテーマや、ケイティの胸の内には読んでいて胸がキュンキュンしてきますが、絵が『おさるのジョージ』のH.Aレイさんなので、かわいらしくまとまっていて、子供にも親しみやすい本です。

    投稿日:2008/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ママの心と、それを克服する力

    ポケットのないカンガルーママの、けなげな克服物語。
    どういうわけかポケットがないカンガルーのママは、
    赤ちゃんを遠くに運べないと嘆いています。
    どうすればいいか解決方法を探り、いろんな動物に聞いて回ります。
    それぞれの動物達はだっこしたりおんぶしたりしていて、
    そういう紹介をとってみてもすごく勉強になるワンシーンです。
    最後には街まで出かけ、大工さんのたくさんのポケット付エプロンを入手して一挙解決!!
    足りない何かを嘆きながら生活するのでなく
    常に前向きなカンガルーママが
    最後には克服してしまうその姿が印象的!!
    自分もこうありたい、あるべきだと久しぶりに決意した、そんな一冊です。

    投稿日:2008/05/11

    参考になりました
    感謝
    0

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

すてきな三にんぐみ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ


ミキハウスの「宮沢賢治の絵本」シリーズ  とことん語ろう!【座談会】編集者・松田素子さん、絵本ナビ編集長・磯崎園子、絵本ナビライター・大和田佳世

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット