となりのトトロ となりのトトロ
原作: 宮崎 駿  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

ダム この美しいすべてのものたちへ」 みんなの声

ダム この美しいすべてのものたちへ 文:デイヴィッド・アーモンド
絵:レーヴィ・ピンフォールド
訳:久山 太市
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2018年12月
ISBN:9784566080447
評価スコア 4
評価ランキング 23,695
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 音楽が沸き上がり、響き続ける

    このお話は、本当にあったお話だということでした。

    ダムに沈む前に、父と娘が、家家を回ってキャサリンがヴァイオリ

    ンを弾き、パパが歌う。その音楽をトリたちが聞き、ケモノたちが

    聞き、大地が聞き、木ぎが聞き、精霊たちが聞いた。

    ダムが完成し、美しい湖が姿をあらわした。

    ダムの底に沈んで、水に覆われても音楽は失われなかった。

    音楽が沸き上がって、響き続ける。音楽は、いつも、私たちの

    心に届く。

    とても美しい風景に魅せられました。

    投稿日:2019/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幻となったもの

    ダムに沈んだ土地のお話です。そこには、自然の営み、人間の営み、さまざまな美しいもの、生命、思い出などがあるのですが、人間の操作で、それらは水の底に沈み、過去のものとなってしまいます。最後は、新しい湖に、また新しい美しさが生まれることが描かれていて良かったなと思います。

    投稿日:2019/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幻想的

    表紙の絵にひかれて読んでみました。新しくダムができるため、空き家になった家々を水に沈む前に、音楽を奏でてまわる父娘の様子が、幻想的に描かれています。あとがきにありますが、実話なんですね。神秘的で、美しい絵本でした。

    投稿日:2019/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実話

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    本屋で並べられていて、気になったので読んでみました。

    国際アンデルセン賞受賞作家のお話ということで
    期待して読んだのですが、
    実話みたいで少し入りにくかったです。

    主人がダム関連の仕事をしていることもあり、
    最初ダムに沈められた村を見て回る場面で
    ダムに反対の立場で書かれたのかと思いきや、
    ダムが出来上がっても美しいと書かれていて
    読んでいて複雑な気分になりました。

    投稿日:2019/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ダムが作られると、ダム湖に沈む多くの思い出が出来ます。
    去っていった人たちの残した音楽、人のいなくなった家々に残る生活感、自然と生息する生き物たち。
    絵がきれいなだけに、ノスタルジーに浸った絵本です。
    ちょっと自己陶酔に走りすぎているところもあって、共感しにくくもあります。
    それほどまでに、登場する親子の思いが大きかったのでしょう。

    投稿日:2019/01/19

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】第2回「鬼遊び」シリーズ 廣嶋玲子さんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット