オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
しいら☆さん 50代・その他の方

ワタナベさんもオオイシさんも素敵♪
気になる・・・ 下の方に、必ず出てく…

でてこい でてこい」 絵本紹介サイトの声

でてこい でてこい 作・絵:林 明子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1998年04月
ISBN:9784834015294
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,740
みんなの声 総数 112
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • シンプルだけど、奥が深い絵本です。緑のはっぱからカエルが出てくると、そこがシルエットの影絵になっています。まるで、本当にカエルが緑のはっぱから抜き出たかのようです。単純なようですが、カエルの動きをここまで表現している絵本はそうないのではないでしょうか。
    見開き2ページにわたって、ストーリーが展開していく様は、子どもの心をとらえて止まないでしょう。ストーリーがまだ、理解できない0歳代からでも、このイラストの連続性で、自然とストーリーを把握できるはず。
    また「でてこい でてこい」というリズムがとても軽快で、娘はこのフレーズが大好きでした。「でてこい でてこい」のリズムにあわせて、絵本を「ぽんぽん」とリズム良く、たたきます。林明子さんの絵本と言えば、レトロで暖かみのあるイラストが印象的ですが、この絵本は、ちょっと違ったイラストとリズム、そして魅力を持った絵本です。

    投稿日:2003/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  •  「だれか かくれてるよ でてこい でてこい」
    色のついた形(葉っぱ、家、細長い長方形などそれぞれです)から何がでてくるかな?
     でてくるのはいろいろな生き物。単なる切り絵ではなく、動きがあるのがいいですね。ほんとうに、「でてこい」と唱えたあとに「はい、でました」という感じ。出てきたら影絵になっています。

     かえるは「げこ、げこ、げこ」へびは「にょろ にょろ にょろ、鳴き声や動きだけなのもいいですね。
    親子で「あら、かえるさんだね」なんて会話もはずみます。」3歳の息子はへびを「みみず」と主張していますし。ま、それもいいでしょう。6か月の息子と兄弟一緒に楽しんでいます。

     随所にはやしあきこさんの工夫と愛情が感じられる絵本です。

    投稿日:2002/09/30

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



>絵本エイド ―こころにひかりを―

みんなの声(112人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット