まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

あかいそりにのったウーフなかなかよいと思う みんなの声

あかいそりにのったウーフ 作:神沢 利子
絵:井上 洋介
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1982年
ISBN:9784591012765
評価スコア 4.54
評価ランキング 5,643
みんなの声 総数 12
「あかいそりにのったウーフ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • サンタさんに助けてもらった

    タイトルにもなっている赤いそりは、ウーフのパパからのプレゼントです。
    そのソリで、かなり思いきった遊びをしていましたね。
    「北極」と勘違いするなんて、体だけでなく、頭の中まで飛んじゃったのかな??
    そんな大ピンチも、サンタさんに助けてもらったのですから、ちょっぴり羨ましいかも・・・

    投稿日:2013/12/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 北極

    ツネタとウーフはお父さんから貰った赤いソリに乗って、とんでもなく遠くへ滑っていってしまいます。

    短い絵本だけど、ちゃんと複線があるんですね。
    北極まで行っちゃうかもって思っているウーフに対して、お父さんは否定しないところが良いです。

    ウーフの名前と姿は知っていたのですが、絵本は初めて読みました。
    綺麗な色の絵で、ほのぼのした文章にとてもよく合います。
    シリーズのそれぞれが季節感のあるものなので年間楽しめそうです。
    小さな子でも、最後まで飽きない内容だと思います。

    投稿日:2010/04/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ウーフ

    くまのこウーフの絵本を以前にも読んだ事があり素敵だったのでこの絵本を選びました。クリスマスにサンタクロースのそりに乗れるなんて事は本当に夢みたいでうっとりしました。優しい笑顔のサンタクロースにも癒されました。クリスマスってやっぱり素敵だ!と感じる絵本でした。途中ウーフ達はどうなってしまうのだろう?とハラハラしましたがクリスマスの奇跡が起きて良かったです!井上洋介さんの絵が味があって見ていてほのぼのしました。クリスマスの時期に読みたい絵本です。

    投稿日:2008/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • わが子にもウーフ

    私がウーフが大好きだったので、子供にもと思い借りました。
    少し幼い内容かな?!と思ったのですが、かわいらしく、子供らしいウーフはとても面白いようでした。
    今回のお話ではお父さんが手作りしてくれたそりを持って遊びに行くウーフ。家族の暖かさを感じられるところがとてもいいところだと思いました。

    投稿日:2007/03/16

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.54)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット